人気ブログランキング |

ACC電源の安全な取り出し

NAVIやETC・レーダー等の比較的消費電力の小さなものの電源が欲しい場合。 タンクを外してバッテリーから直接取っても良いのですが、バッテリー直だとイグニッションキーをOFFにして駐車している時や長く保管しているときも電源が入っちゃう訳でして、ちと困ります。

また、ヒューズを使用せずにタンク下に常に+の電源を通しておくのは、万一電線の被膜でも破れて金属部分に接触したら、ショートして火花が出るどころか、バイク火災の原因にもなります。 もし、タンク下に電源ケーブルを這わせる場合は、銅線を保護するチューブに通した上、バッテリー直近で10A程度のヒューズをいれましょう。

ハンドル周りへの機器取り付け時に、手軽にイグニッションONの時だけに電力を供給する、ACC(アクセサリー)電源をタンクを外さないで簡単に取れないか? 今回はリクエストもございましたので、特集をさせていただきます。

ただし、グリップヒーターやフォグランプや後付けホーンなどは消費電力が大きく、この方法ではヒューズボックスのヒューズを切ることもありますので、お勧めできません。 これら、個人での改造は自己責任ですので、くれぐれもよろしくお願いします。

a0001020_15463323.jpg
まずGSX1400のハンドル周りへの電気の配線図を見て、イグニッションON時に電源として利用できる配線を見つけて見ます。

右ハンドルスイッチ部分配線図で、O/G(オレンジ・グリーン)の銅線が2箇所も来ています。 このO/GこそがACC電源として利用できる、イグニッションON時に12Vを取り出せる配線です。

イグニッションONしたら、ヒューズBOXを通してO/Gがフロントからリヤまで電力を供給します。 もし、シート下などで電源が欲しい場合、ヒューズBOXからO/G線から電源を取り出します。(自分はそうしてます)

配線図を見ていただきますとそのO/GがGr(灰・グレー)とつながっています。 また、機器に電源を供給するためには-(マイナス)またはアースとも言われる、バッテリーのマイナスに戻る線と接続して初めて機器が使えることになります。

そのアース線がB(黒・ブラック)です。 都合の良いことに、右ハンドルスイッチには灰色のプラスと黒のマイナス両方が供給されていますので、作業が簡単なのが想像できます。

では、書き入れたブルーのラインのように、さっそく電源取り出しを実践してみましょう。

a0001020_15471160.jpg
ハンドルスイッチ右はこれです。

ステアリングが左右に回ることも配慮して、長めで余裕があるケーブルですので、引き出してあげるとかなり出てきます。 今回はそのケーブルのできるだけ下(ヘッドライトの後ろで隠れる)から電源を取り出し、外観を崩さないようにします。

a0001020_15473544.jpg
作業しやすくて、出来るだけ下のケーブル皮膜にカッターを縦にいれます。

この時、中の銅線が傷つかないように慎重に確実に皮膜だけを切ります。 4センチほど切ったほうが作業がやりやすいと思います。

a0001020_1548085.jpg
はい! これが今回の主役で、Grグレー君とBブラック君です。

たくさん線があるけど、明るいところで探すとすぐ発見できます。 もともとハザードスイッチに行っていますが、LEDではないノーマルのウインカー4個を同時に点滅させる電源を供給するので、約23W×4個かな。
電力供給には問題ないと思われます。 ただし、ハザード焚いた時に電力が奪われ電圧が下降してNAVIなどが再始動する場合も想定できますが、自分のゴリラがバッテリー付ですのでその実験ができていません。
問題ないとは思いますが、そのあたりご承知おきください。

この2本の銅線から電源を取り出せばいいので、最近電線からタップ(分岐)できるものもあるので、
a0001020_17131088.jpg
それを使ってもOKっす。


a0001020_15482337.jpg
でも今回はオールドファッションWAYをご紹介します。 ハンダ付けです。

ハンダ付けは、元の銅線も強くしっかり接続します。 ですから振動の大きいバイクには安心です。

まずこの2本の銅線の皮膜を5mmほど剥きます。 この時大事なのは、中の銅線を切らずに皮膜だけ剥くために、カッターナイフで皮膜だけ2箇所輪切りにして、それを縦にまた皮膜だけ切り、ペンチで剥き取ります。

そうすると、中の線を切らずに皮膜だけ取り外せます。

Grグレー君とBブラック君の皮膜を取る位置は、数センチずらしておきましょう。 これがあとでなぜ必要なのかわかりますよ。

a0001020_15484046.jpg
5mmくらい露出した銅線にまず少量のハンダを流します。

これはあとで電源を取り出す銅線を巻きつけた時に、中と外からハンダが融合して、とてもしっかり結線するからです。

a0001020_15491118.jpg
次にバイク用品店で売っている防水タイプコネクター(2線用)を用意します。 これを使うと必要な時だけコネクターに機器を差し込んで使えて、取り外しも楽ですし、別の機器に電源を供給する場合の工作もバイクから離れてできます。

このコネクターに皮膜がある黒・赤(銅線の色はどうでもよい)の2線ケーブルを適当な長さ20センチもあればOKを用意し、接続作業をします。

a0001020_15493577.jpg
まず両方とも同じ長さで切断した黒・赤の銅線の先端皮膜を約5mmほど剥き、付属の防水シリコンキャップを先に取り付けます。

この蓋は、雨水の侵入以外にも、銅線が動いても折れにくいように工夫されていて、耐久性も出てきます。

a0001020_15495355.jpg
それから付属のピンに銅線をペンチで取り付けます。

細かな作業ですが、コレとハンダ付けができるようになると、楽しさ100倍っす。 なんの?

何年使用しても断線したり、ピンから銅線が抜けないように、このピンにもハンダ付けを軽くできれば完璧です。

a0001020_15505945.jpg
ピンをコネクター本体にカチッというまで入れると、抜けなくなります。

その後、防水キャップを押し込んでしまいます。

a0001020_1550898.jpg
こんな感じにできあがります。 このコネクター先端と電源が欲しい機器と接続するわけです。

NAVIとかですとバイク用は買ったこと無いので、電源取り出し器具は知りませんが、4輪用ですとシガーライターソケットから電源を取るケースが多いようで、シガーライター用のコネクターが付いています。

その場合それを切断して、今回のコネクターにつなぐわけです。 プラスとマイナスは間違わないように。

a0001020_15511614.jpg
つぎに、先ほど作りましたコネクター線の反対側をGrグレー君とBブラック君に接続する作業です。

数センチ皮膜を取る位置をずらしたのは、このように2本の線が元のケーブル皮膜の中に戻ったときに接触しないようにするためです。

ずらした位置に合うように、銅線の長さを変えて切断して、先端を約1センチほど皮膜取りをしておきます。

a0001020_1552492.jpg
先端の皮膜を取った銅線を、黒はBブラック君のハンダが付いた銅線に巻きつけます。

a0001020_155338.jpg
その上からハンダ付けをしますと、完全に一体化してしまいます。

これは、銅線を2本分離してよじってハンダ付けをするのと比べると、元の銅線の断線強度よりも強くなります。 バイクにはこれがおススメです。

a0001020_15532053.jpg
プラスのGrグレー君とマイナスのBブラック君がここで接触すると、火花が出てヒューズが飛びますが、このように数センチずらすことで接触はしません。 

a0001020_15533450.jpg
銅線2本をもとの皮膜の中に戻します。

a0001020_15534953.jpg
切開した皮膜をビニールテープで巻き無事オペの終了です。

a0001020_1554239.jpg
これはプロの仕事に近いと言わせて頂きたい。 これをヘッドライトの奥に押し戻します。

a0001020_15555640.jpg
イグニッションONと同時に電圧がかかるかテスターで調べておきます。 14Vを超えているのは、バッテリーチャージャーを接続して充電中だったからです。 通常12V前後っす。

いかがでしたでしょうか。 今回のわかばん簡単講座。 不明な点はコメントしてくださいね。



ハンダ付けついでに、たくさんの線の接続をしなくてはならない事を一気にやっちゃいます。
a0001020_15553340.jpg
なんと、アグラスのフェンダレスキットの後部に大穴が・・・。

ディスクグラインダーでフレームに接続している部分を残して、切断!

この時FRPの削りカスは、アスベスト入りなので強制換気と防塵マスクをして行いました。 肺がん注意!

a0001020_15563011.jpg
ディスクグラインダーの切断面をヤスリできれいにします。

a0001020_15564996.jpg
そうです! イギリスから配送されてきたダブルテール付きアンダートレーです。

ウインカーケーブル・テールランプ・ナンバープレート・ストップランプの各ケーブルを、前出のハンダ付けによるタップでしました。

a0001020_15571838.jpg
埋め込み式ウインカー付です。

a0001020_15585038.jpg
いかがですか。 この「おいど」 後ろから見るとホンダに見えるかも。

ところでナンバープレートどう付けるねん。

a0001020_1559714.jpg
これで、下まできれいにしなあきまへんわワックスで。
Commented by どりーむ at 2009-10-27 23:05 x
こうきましたか!!  このテール黒もあるんですね・・・

カッコいいです実に・・ ウインカーの場所が最高です。
Commented by ババさん at 2009-10-27 23:32 x
“配線”・・とても勉強になりました。回路図(あくまで+と-の関係
だけですが・・)は、それなりにわかるつもりですが、いざ自分
一人で・・・となると引いてしまっています。
ですが、“成功例(実施例)”を示していただけると、“確信”を
持てる気になります。(大丈夫です、何か行うときは、あくまで
“自己責任”で行いますので・・・)
そして、テールランプ・・・いよいよ、私には“1400との識別”が
できなくなってしまいます。これで後ろをついて行くことができなく
なり、“火傷するぜ!”とのお言葉を拝聴できる機会が遠のいた
ように・・・少々残念です(?)。
今後、ナンバープレートの配置をどうされるか?・・期待しちゃい
ます。

最後に・・・、右にある、“つぶろぐ”なのですが、わかばんさんの
英国のお知り合いの方は、“関西弁の英文メール”を書かれる方
なのですね?(そんなの学校では習わなかったなぁと“目から鱗”
の思いです。全てが勉強になります。)
Commented by wakaban0925 at 2009-10-28 07:50
どりーむさん でもこのウインカー暗いんです。 たぶん日中は見えにくいと思いますので、別のLEDウインカーを増設しなくてはならないかもしれませんわ。
Commented by wakaban0925 at 2009-10-28 08:06
ババさん  火傷するぜ!

ナンバープレートは穴あけて付きましたが、日本のナンバープレートは大きいようで、収まりません。 別にアルミのステー作りました。 詳しくは週末のレポートで!
Commented by ゆず at 2009-10-28 09:18 x
あらあら
アグラス切っちゃったんですね。

今週は更新がないのかと思いながら、覗くとアンダートレイ付いてるし

おそるべし。

カッコいいです。
Commented by かふぇ at 2009-10-28 10:06 x
電源作業は躊躇しちゃうのよねぇ~
やはり、バッテリーのマイナスは、
外してから作業するのでしょうか?
Commented by Yuki at 2009-10-28 12:59 x
いやはや。。。。ただただ感心するばかりで。。m(_ _)m
職人!!
Commented by wakaban0925 at 2009-10-28 13:15
ゆず さん ノーマルフェンダーでも、もちろん加工しないと付かないですねコレ。
Commented by wakaban0925 at 2009-10-28 13:17
かふぇさん よほどショートする可能性が無い限り、メインキーOFFで作業OKですよ。 ACC電源をBMWのようにコネクターで取り出せるようにしたら便利ですよ。 リクエストあれば「わかばんガレージ」でしますよ。
Commented by wakaban0925 at 2009-10-28 13:18
Yukiさん 電気は任せてください!

拍手2回でアラームONにするとかもできますよ!
Commented by 浪速のケン坊です。 at 2009-10-28 20:02 x
ご無沙汰しています。この間のガレージ行けなくてすいません。しかし色々な品物を見つけて来ますね(^^♪今度実物ガン見させて下さいね。(#^.^#)
Commented by wakaban0925 at 2009-10-28 21:35
浪速のケン坊さん そろそろ買える物が少なくなってきたかもしれません。 

なんでも買って付けようとは思いませんが、ヨーロッパはポリシーがあるパーツが多くて触手が伸びてしまいます。 また、来てくださいね。
Commented by キムハル at 2009-10-29 15:47 x
私もようやくアグラスのフェンダーレスキットを購入して、少しでも追いつこうと思ったのですが、追いつくなんて夢のような話ですね。。(苦笑)
今週末土曜日に神戸に帰ってキットの装着を試みるつもりです。
できるかなぁ!?
Commented by wakaban0925 at 2009-10-29 16:13
キムハルさん 火傷するぜ!

バッテリー取り外して、交流→直流整流器も付け替える必要があるので、中級レベルの作業となります。 日曜日持ってきたら和歌山ラーメンの後作業しましょう(潮岬中止の場合)
Commented by キムハル at 2009-10-29 21:34 x
ええ~っ!そうなんですか!知らんかった(汗)
潮岬は去年もふられてるし、行けなかったらなんか悲しいです。
雨降るな~!!
でも雨降りそうだったら逆にフェンダーレスキット、ヨロです。
Commented by wakaban0925 at 2009-10-29 22:32
日曜日潮岬決行でも、土曜日の午後2時には岸和田に行ってイグニッションコイル交換とかしてますから、わかばんガレージに来てみてください。 1時間ほどで出来る作業っす。
Commented by kose at 2009-10-29 22:42 x
この度はリクエスト応えて頂き有り難うございます。画像つきで分かりやすいです。勉強になりました!わかばんさんのGSXはまた進化したんですね。
Commented by wakaban0925 at 2009-10-29 23:03
koseさん これでわかりますかね。 ささいな事でもGSX1400に関する質問大歓迎ですから遠慮なくどうぞ。

わかばん号はまだまだ進化する予定です。 毎週??
Commented by キムハル at 2009-10-30 09:45 x
では明日午後にキット背負ってお邪魔しま~す!
Commented by キノ at 2009-10-30 19:27 x
先日見たテール、取り付けた後姿は格好イイっす。
輸入しちゃうのがスゴイ!!
Commented by wakaban0925 at 2009-10-30 23:10
キノさんも 白のアンダートレーどうですか? ガンダムがおしゃれでナウでヤングになりまっせ。
Commented by キムハル@潮岬 at 2009-10-31 19:56 x
今日はわかばんガレージ、ありがとうございました!

無謀にもアグラスリアフェンダーレスキットを自分で取り付けようとしたのを、みんなに手伝っていただき、本当に助かりました!

ありがとうございました!
Commented by wakaban0925 at 2009-10-31 20:11
火傷しなくて済んでナウでヤングになって、よかったぜ!
Commented by えーちゃん at 2016-06-01 09:28 x
初めてコメントさせていただきます。えーちゃんと申します。ACC電源の安全な取り方ですが、グレーGrとブラックBに接続すると左のリヤウィンカーがぼんやりと点灯する症状がでるのですが、なぜだかわかりません。わかばんさん、教えてください。
Commented by wakaban0925 at 2016-06-03 13:46
コメントありがとうございます。 この症状は経験ありませんので、申し訳ありませんが確信ないのですが。 ハザード用のスイッチから電流を横取りしますので、携帯やスマホまたはNAVIの充電程度では問題は出ないと思いますが、大きな電流が流れる機器、たとえばスモールライトやヒーター類では、電気抵抗がゼロに近づき、スイッチが短絡(ショート)した状態に近くなるのかもしれません。 そのために、ハザードスイッチが入った状態と同じ回路に電流が流れますが、接続した機器の電気的な抵抗があるので、微少な電流がウインカーに流れるのかもしれません。 
by wakaban0925 | 2009-10-25 20:44 | わかばんの簡単講座・その他 | Comments(25)