人気ブログランキング |

フロントフォーク・オーバーホール

わかばん号も7月に2度目の車検を控え、走行3万8千Km。

エンジン・車体ともすこぶる快調。 リアショックも約1年前にオーバーホールをショップにお願いし、スプリングを交換してレートを少し強くしてもらってから、集合管が地面に接触することもなくなりました。

ずいぶん前からショップに依頼すると工賃が高額になる、フロントフォークのオーバーホールを自分でできないか。 と、専用工具も買い込みオイルシールをはじめ交換パーツも用意していましたが、工程が複雑で特殊工具の使い方も含め、オーバーホール経験者に監督してもらいながら作業してみようと考え、その機会をうかがっていました。
a0001020_1465260.jpg
今回わかばんガレージもでき、作業スペースも確保できましたので、club1401関西のK師匠にお願いし、メンバーさんにも声を掛けて初めてのフロントフォークオーバーホールに挑みます。

自分でできることは先にしておきます。

フロントキャリパーを撤去します。 この際に、タイラップ等で車体に当たってお互い傷つかないような位置に固定しておきます。
a0001020_147470.jpg
次に、進行方向に向って右側のフォーク先端のピンチボルトを緩め(左サイドは緩めない)、シャフトを緩めて抜きます。
a0001020_1471519.jpg
フロントホイールシャフトが抜けたらフロントホイールを外し、フェンダーも抜いてから両方のフォークを抜きます。

フロアリングですので、直接床においてもパーツへの傷は心配ありません。 このへん、贅沢なガレージです。
a0001020_147306.jpg
フォークキャップを外すには、27mmのレンチが必要ですが、そんなサイズのレンチは通常使いませんので持ち合わせがありません。

わかばんガレージのもう一つ便利なところは、自転車で5分のところに「コーナン」があるところです。

BOXレンチ用を買いに走りましたが、なんと買ってきたのは28mm!

車載工具にメガネレンチ入ってますよ! とK師匠! ぎょぇ。 ありました。
a0001020_1474241.jpg
ダンパーシャフトのロックナットを少し緩めると、フォークキャップを回して外すことができます。

外した後は、ロックナットが先端から何ミリのことろにあったかを記録しておいて、組みつけの段階で狂わないようにするそうです。
a0001020_1475988.jpg
こうなると、スプリングが抜けます。
a0001020_1481186.jpg
フォークオイルを排出します。
a0001020_1482239.jpg
ダンパーユニットの中のフォークオイルもスコスコピストンを上下させて抜きますが、水鉄砲のように勢いよく汚れたオイルが出てきます。

粘度は維持しているようですが、アルミ粉等で濁っていて汚れています。
a0001020_1483236.jpg
インナーチューブにアンダーブラケットで締めあげられていた部分に傷のようなラインが何本もあります。
a0001020_1484431.jpg
細かなコンパウンドで磨くと、きれいに取れました。 アンダーブラケットのアルミやダストが固着したもので、傷ではありませんでした。 ホッ!
a0001020_148599.jpg
ここで大失態!

インナーチューブをオイルシールなどと共に引っこ抜く時、K師匠の見本を見ていたのにストッパーリングを外すのを忘れて、何度も無理やりスコンスコンと力いっぱいやったので、シールスペーサーが湾曲してしまいました。
a0001020_149122.jpg
オイルシールをはじめ交換できる純正消耗部品は買ってありますが、このスペーサーは減ることがないと買っていませんでした。

こうなるとなんとかフラットに戻す必要があります。
a0001020_1492739.jpg

a0001020_1494252.jpg
軽トラで轢いてみます。

結果! たぶん10tトラックでないとだめ。 効果なし。
a0001020_1495443.jpg
ハンマーで叩きフラットに戻します。 成功! 意外と柔らかい金属でした。
a0001020_15093.jpg
交換用フォークオイルです。

ここで問題となるのはオイルの粘度です。

左はショーワの5度。 右はホワイトパワー7.5度。

数字が大きいほどエンジンオイルのように粘度が上がります。 フォークオイルには15度や30度もありますが、通常シャブシャブが普通です。 あまり粘度が高いとフォークが動かずカチカチになって使い物にならないと聞いたことがありますので、5度を中心に交換します。
a0001020_15025100.jpg
といいますのは。

今日用意したフォークオイルは、以前から置いていたWP7.5度が700ml。
今朝南海部品で買ったショーワの5度500ml×2本。

GSX1400のフォークオイル量は片側約650ml。

ちゅーと半端。

で! 各フォークにショーワの5度を500mlづつ入れて、不足分の150mlつづをWPの7.5度を混合します。

実際走ってみて自分の好みの粘度を探してみます。

後ろでは、なんとカフェさんが駐車場入口のゲートの溶接をしてくれています。 ほんとありがとうございます。
a0001020_150385.jpg
今回のハイライト!

オイルシール挿入シーン。

オイルシールは文字通り、フォークオイルが漏れないようにするシールなんですが、挿入時に少しでも傷が付くとオイル漏れが起こります。

フォークインナーチューブの先端にラップを巻いて、エッジで引っかけないようにフォークオイルを塗布しながら入れていきます。 今回はラップがなかったので、薄いゴミ袋で代用。
a0001020_1505540.jpg
次に特殊工具の出番です。

順番を間違わないようにオイルシールを中心に組み込んで、これをストッパーリングが入る位置まで押し込むのです。
a0001020_151870.jpg
a0001020_1512129.jpg
a0001020_1513518.jpg
スコーンスコーンと叩きますと。 数回で規定の深さまで入ります。 便利! でもこの専用工具高いっす。
a0001020_1514845.jpg
ダンパーユニットをフォークオイルに浸した状態でピストンを何度も上下してエアー抜きをします。

その後5分ほど放置して完全に空気が抜けてから、再びフォークオイル油面の高さを専用工具で測り、不足分を足しこんで終了!
a0001020_1515997.jpg
逆に組み込んで完成!

試乗してみます。

フリクションが軽減しました。 スムーズにフォークが動きます。

初期動作(フロントタイヤが凸凹を吸収する)が良くなり、ハンドルへの突き上げが少ないので、快適に走れます。

伸び・縮みともダンパーを最強にして丁度良い感じなので、もしかしたらオイル7.5度だけで次回試してみたいと思います。
a0001020_1521164.jpg
今回ご協力いただいたかたありがとうございました。 専用工具の使い方も実際体験でき、手順も習得できました。
Commented by totomu at 2009-05-10 21:57 x
家族の所用があり、参加で出来ませんでした。
本当なら、我がマシ~ンのフォークをOHしなきゃいけないんですが・・・
また今度OH教えてください。
Commented by hary@特工持ってませんw at 2009-05-11 02:15 x
スライドハンマー>無くても大丈夫です。
塩ビ継ぎ手のVP50ソケット(¥80)あてがってプラハンで叩き入れます。
(スライドメタルとワッシャーを先に入れてからシールと分けて入れればスンナリ入ります)
*古いシールをあてがうのも忘れずに!
勿論、インナーチューブはビニールテープかなんかでグルグル巻きに養生しないと幾らプラハンでも・・・
カートリッジタイプのフォークはインナーロッドを少し斜めに負荷架けてやればインナーロッドボルトも電動インパクトで簡単に外れます。
(私は「次」の為に液体ガスケットは塗りません・ドレンワッシャーが柔かいですから漏れは心配してません)
インナーロッドはボルト付けて針金で巻けば上下に扱いてエア抜きも出来ます。

貧乏が編み出した知恵です(自爆)

Commented by wakaban0925 at 2009-05-11 14:20
totomuさん フォークオイル1.5Lだけ用意したら、オイルシールはわかばん号の中古1個無事なもの使えますよ!

フォークオイルは粘度7.5でいいと思います。

今月ですと23日(土)24日(日)わかばんガレージオープン予定です。
Commented by wakaban0925 at 2009-05-11 14:24
haryさん 裏技でございますね。 こりゃ。

インナーロッドボルトを外す特殊工具(ロッド)も購入してました。
インナーロッドボルトにはねじロック塗りませんでした(買ってあるのに見当たらなかったんです) 

エア抜きは針金ではなく、導線でやりましたが・・。

総長の知恵は表彰ものです。
Commented by hary@生活習慣改善中 at 2009-05-11 19:48 x
ご承知かも知れませんが、WPの#7.5は品名こそ7.5ですが、粘度指数は純正の10番相当ですからご注意下さい。
*カートリッジタイプは倒立等に指定されてる01番が指定粘度ですので、10番相当入れたらガチガチですよ!
Commented by wakaban0925 at 2009-05-11 20:19
haryさん 存じていませんでしたよ! WP#7.5が粘度10番相当なんて!! 勉強になります!
Commented by aobaka-bike at 2009-05-11 20:44
ご無沙汰しています。いつも楽しく拝見しています。
ガレージに工具、私には夢のようです。
機会を見つけてお邪魔したいです。

ヤマハG10を入れた主観ですが、夏場はものすごく粘るいい
サスペンションになりました。高速域のアクセルオン・オフで
ヘコヘコしない挙動が無く、とても気持ち良かったです。

ただ冬は減衰開けてもゴツン… 現在は01っす。
Commented by wakaban0925 at 2009-05-11 21:48
aobaka-bikeさん 温度と粘度の関係でそこまで違いが出るんですね。

今回の05番主体の配合でも、ややシャブシャブのかんじなんですが、01が純正粘度なんですね。

なんか実感が伴いませんがしばらくセッティングを変えながら感触をつかみたいと思います。

是非岸和田まで遊びに来てください!
Commented by aobaka-bike at 2009-05-11 22:29
わかばんさん>
誤:ヘコヘコしない挙動が無く
正:ヘコヘコする挙動が無く です。失礼しました。

ちなみに私は⑩リングのサビが⑪オイルシールを痛めるので
⑨ダストシールを組む前に⑨⑪の空間をシリコングリスで
埋めてます。

ところで最近バイク談議が少ないので
濃いGSXトークをしたいものです。
今度是非お邪魔させて下さい。
Commented by wakaban0925 at 2009-05-11 22:58
ダストシールの中にシリコングリスですか! メモメモ。
Commented by こーぢぃ at 2009-05-13 00:18 x
サスのOHは早ければ早いほど後々のメンテも楽になるとか・・・
某サスペンションの神のお店のセールストークでした。
確かにOHすると格段によくなりますね!
でも・・・僕のはなんであんなにボヨンボヨンなんだろ?
相当締め上げて乗ってます。

オイルだけでも早めに交換をボクも推奨しますね(^^)
Commented by wakaban0925 at 2009-05-13 07:18
こーぢぃさん 総長から各メーカーのオイル粘度比較表をもらいました。

ショーワの05はスズキ01とほぼ同じで、WP7.5は01のほぼ倍の粘度のようです。

わかばん号は01を500ml 倍の粘度のWPを150mlです。 なかなかいい感じです。
Commented by キムハル at 2009-05-13 20:59 x
諸般の事情により関東-関西間を行き来する可能性が高くなったので、サスのOHはできれば夏にやろうかなと思います。わかばんさん、コイ師匠、そん時はぜひよろしくです。

でもリヤサスをどうするか、これも問題ですね。
Commented by wakaban0925 at 2009-05-14 10:49
キムハルさん リヤサスはリプレイスサスはさすが性能いいですので、少し値がはりますが交換による効果は体感できるはずです。

フロントフォークのオーバーホールは手順覚えたので、わかばんガレージでいつでも対応しますよ!
Commented by どりーむ at 2009-05-14 17:16 x
オイラは メンテレポはチンプンカンプンで分かりませんが

このガレージあこがれます・・・

冷暖房は?冷蔵庫は?酒は? ベッドは? 住んじゃうなオイラ・・・
Commented by wakaban0925 at 2009-05-15 14:38
現実の生活から逃げて週末ここで過ごせるようにする計画進行中!

冷暖房はもともと美容室なので業務用完備。 冷蔵庫あります!

酒?

酒飲みながらメンテや修理すると思わぬ事故や失敗(経験済み!)に見舞われますので、酒飲みながらバイクを眺める。 これですね!

ベッドなんですが、ベッドを置くと結構スペース的に制約でるので、高い天井と鉄骨のハリを利用して、寝るだけの高さ50センチほどのロフトを作ろうかと・・。 住めるようにしますよ。 こうなったら。
Commented by テー at 2016-02-20 17:29 x
インナーロッドボルトはインパクト無しでも取れますか?
チャレンジしてみたいのですが、難しそうです
Commented by wakaban0925 at 2016-02-20 18:29
インナーロッドボルトはインパクトが必要なほど固着しているケースが多いと思います。 ヘキサゴンレンチを入れて足や何かで固定して、ダンパー部分を回転させる特殊工具が必要となります。
by wakaban0925 | 2009-05-10 01:52 | ステダン・ショック | Comments(18)