人気ブログランキング |

SW-MOTECH:アリュラック

a0001020_1920167.jpg
来週のclub1401関西の今年初のツーリングに向けてFCR取り付け後の不具合等調整していますが、こちらのスロットルポジションセンサーのFCRへの取り付け後、初めて走行してみました。

取り付けに関しては、シリコンシーラーでは、やはり弱く、スロットルシャフトの回転にポジションセンサーが付いていっていないようですので、再度取り外してきれいにシリコングルーを除去してから、2液性のエポキシ系ボンド(5分硬化タイプ)で、スロットルシャフトとセンサーをつなげました。

硬化が始まったら両方に塗布したボンドをピタッ!とあわせて待つこと1分。

完全に硬化していて、スロットルの開閉にポジションセンサーも回転するのを確認してから、ネジ止めしました。


走行しての感想ですが、開けた時やや振動が出ますが明らかにポジションセンサーを取り付けなかったときより強烈な加速をします。 反面、スロットルを一定に保ち開度が小さいときは、点火時期も遅くなってとてもスムーズに回ります。

力強い加速とスイートな性質を併せ持つFCRセッティングは理想的。
これは大正解!


次に、2次エアー取り入れシステムですが、結果的に4つのスピゴットから負圧を取ったのは失敗でした。

スロットルボディーでは、1気筒から1本のゴムホースでダイヤフラムにつながっていて、4本つなぐと負圧が強すぎて、パーシャル(負圧がかかる開度)では、2次エアーが加速時もシリンダーヘッドに入ってバラつきます。

3本のゴムホースを途中で止めて、空気が通らないようにして走行してみましたら、ややマシになりましたが、2次エアーシステムをキャンセルした状態のほうが良かったと思います。

この2次エアーシステムに起因するかもしれないアフターファイアーは、しばらくかかりそうでうね。


また、FIエラーはアクチュエーターを取り付けないと解消しないと思います。 アクチュエーターの回線に5Ωの抵抗を付けて見ましたが、FIエラーに変化なし、こちらもしばらく時間かかるでしょう。

a0001020_19415430.jpg


モテック/アリュラック
とかいうのを付けてみました。

WEBでこのラックを見て、スタイリッシュなラックやな~と。 とても欲しかったのですが、品切れが続いていました。

このラックにテールBOXベースを取り付けるわけですが、これ付けていても今までのラックと違ってカッコイイ!

実はこのラックにどのベースやテールBOXが合うのかも調べずに手を出してしまいました。
Commented by こーぢぃ at 2009-03-15 21:19 x
このラックならタンデムグリップもそのままでいけそうですね。
もしかしてバンテッドと共通なのかなぁ・・・なんておもいます…
Commented by hary@出走準備中 at 2009-03-15 23:21 x
接着!ってのが番長流ですねぇw
それでも何とか成るから毎回感心ですよw

GSX1400のキャリアはCB1300SF(フィン付)とCBR1100XXとが共通。
私のGIVIベースラック&キャリアはブラックバードからそっくり移植です。
(タンデムグリップも同時装着でOK)
Commented by ottotto at 2009-03-16 01:16 x
へぇ~、こんな便利なものがあったんですね
GIVIだとケースのバリエーションだとモノキーが豊富だけれど、頑丈な造りはモノロックだし…
かと言って、都度ベースを交換するのは面倒だなぁ
とか考えた事がありましたが、これならネジ3本でベース交換できますから便利ですね
Commented by wakaban0925 at 2009-03-16 13:39
こーぢぃさん 説明書にはGSXとバンテッドと両方の車名タイトルにありましたので、おそらく共通と思います。

ただWEBショップのバンテッド装着写真とGSXにつけた物は、若干穴が違うような気がしますが。
Commented by wakaban0925 at 2009-03-16 13:40
haryさん あらゆる手段を使って目的を達成します。 犠牲も多いですが・・・。
Commented by wakaban0925 at 2009-03-16 13:42
ottottoさん これアルミ合金ですが、肉厚あって丈夫です。

しかし、左右2点の合計4点支持ですんで、あまり重いトップケースは厳しいかもしれません。
by wakaban0925 | 2009-03-15 19:49 | スペシャルパーツ | Comments(6)