ついにFCR41試乗の準備完了

a0001020_19415779.jpg
ワンオフマニホールドの位置と、FCR41のスピゴットの位置がずれている為に、インシュレーターで誤魔化してなんとかFCRを前回装着しましたが、今回は実際にアイドリングから空ぶかしを行い、走行可能にするところまでいきます。

GSX1400の前のGSX1100Fの負圧キャブをいじっていて、テスト走行中に何度もガソリンホースが抜け、危ない目に遭っていますので、今回のテストはホースの口径も慎重にあわせます。

まず、燃料ポンプ側からの圧送用ホースですが、スロットルボディーに付いていた燃料ホースの中は細く(外径6mmほど)、片やFCR41の燃料ホース取り付け口は内径8mmがフィットします。

内径8mmのピンク色のホースでは、簡単に抜けてしまいそうな感じですので、別の内径6mmのゴムホースを約1cm切って、インジェクターへ向かうホースの先にまずそれを被せてから、内径8mmのホースを取り付け、さらにその8mmのホースにフィットするフイルターを取り付け、細めのタイラップ各2本づつ、しっかり接続パートを固定。
a0001020_1865931.jpg
こちらはリターン側でFCRから燃料タンクに戻ります。

その途中に口径8mmの燃料コックを入れて、通常は閉じておくことにします。

こちら側は、燃料ポンプを経由しないので、コックを開けておくとフリーフォールになり、燃料が供給されてエンジンは始動します。

でも、燃料ポンプを実際回して、FCRに燃料ポンプから燃料補給したかったのです。(あまり意味ありません。)

意味がないといえば、燃料ポンプを回しただけでは、FIエラーは消えません。

そうです!

インジェクターや、スロットルポジションセンサー(セカンダリーも)接続してやっとFIエラーが消えるはずです。 このFIエラーの解決策はまた後日行いますが、とりあえずエンジンを回してみます。


キャブレターを調整しやすいように、燃料タンクははずして、GAS供給用のワンウェイバルブ付きの入れ物を用意しハンドル部分にかけます。

右サイドカバー部分にあるリターン用の燃料コックを開きます。

イグニッションキーをONにすると、ウィーンと燃料ポンプが稼動し、燃料ホースの中を勢い良くガソリンが流れます。

燃料漏れが無いか確認してから、クラッチを切ってセルを回します。 キュルキュルキュル・・・。

始動しません。

そこで、スロットルを一度半分まで勢い良く回しますと、加速ポンプからピュ!とガソリンが送り込まれるのが見えます。

そこで、少しスロットルを微妙にほんのスロットルバルブでいうと1mmほど開き、セルを回しますと、バッッバッバッバッ・・バッバッとエンジンがメチャ不機嫌そうに回り始めました。

前回1番シリンダーが爆発してなかったのですが、今日は4本とも火がついているようです。

1~2分ほど軽くレーシングしていると、アイドリングが落ち着いてきます。

そこで、スロースクリューの調整をして見ます。

エンジンが十分に暖まってからのほうが良いのですが、感じとしてはかなり濃いアイドリングですので、吸入口にあるスクリューを締めてゆきます。

スクリューを締めると薄くなります。

右に最後まで締めたほうがアイドリングが一番高いので、今のエンジンの温度ではこれがいいのですかね。 でもそれはないだろうと、半回転ばかし戻しておきます。

しばらくエンジンを暖めていると、ガソリン漏れの気配。

リターン側のFCRサイドの出口のホースの接続が甘く、滴っています。

ココを修理する為に、エンジンを停止し、右側燃料コックを締めて、タイラップを更に細くダブルで巻き、強くプライヤーで引っ張って締め上げます。

これでOK。

イグニッションをONにすると、ジャー~~~。
ガソリンがキャブのあらゆるところから吹き出てきます(';')

そうです! リターン側の燃料コックを閉めたまま、燃料ポンプを回したのです。(-_-メ)

こりゃ~ オーバーフローしたからエンジンしばらくかからないだろうな~。

シリンダーヘッドのバルブまでガソリンが液体として流れ入っているかもしれません。
でも、オーバーフロー用の開放部分からガソリンが吹き出したので、多少救われているかも。

ここで、スロットルを四分の一を開けて、セルを回します。

3回目のトライでバオ~ン・・・。 

紫色の煙がヨシムラストレートサイクロンからガバッ!と出ます。 道行く人がその煙を避けて通行します。 かなり体に悪い煙です。 たぶん致死量に近い一酸化炭素も含まれています。

しかし、よく始動しました。 さすがイリジュムプラグ。 かぶっていません。

カチカチカチカチと価値あるあの音が、エンジンも暖まり、安定してきました。

オーバーフロー防止策として、燃料コックにディスクロック用のあの黄色のカールコード付けておきますわ。

ここで、せっかくですのでFCRの音を聞いてください。


そうです! この吸気音ですね。 これが欲しかったんです。
よく映像みてください。 少しレーシングしたとき、ガソリンが逆吹きしているのが見えます。
インジェクションにも負圧式キャブにもないこの現象は、さぞかしガソリンの無駄遣いかと・・・。

次回は、テスト走行ですね! 楽しみです。 でも、燃費は?
[PR]
Commented by okinawa at 2009-02-16 20:23 x
おおーエンジン始動ですね。どれくらいパワーが出るのか楽しみですね。FCRどくとくのカタカタ音はやめられなせんね。サンタバイクもF1エラーは消せないようでした。キャブは二週間くらいエンジンをかけないとエンジンがかかりにくいのが少し難点ですね。これから楽しみですね。
Commented by コイケッチ at 2009-02-16 20:44 x
始動しましたね!Pスクリューは目一杯でなく基本は一回転半戻しだったかと思います。目一杯しめなきゃならないようならPJ一番手下げるのもありかと思います。夏はもっとってなりそうすね。
調整1/8回転づつで変化を感じるはずなので下げた方がいいかもです。影響はアクセル開度アイドリング〜1/8までの範囲の話しですからね。
あとは、乗って実走行においてニードルやMJも触っていかないといけないでしょうね。ハイカム入ってますしね。メインボア大きくなるんで相当速いバイクになりまっせw
ちゃんとセッティング出ればそんなに燃費も悪くならないでしょうし。 薄い=燃費いい ではないですしね。
いやー、キャブは奥が深いすよね。。。。
Commented by こーぢぃ at 2009-02-16 22:21 x
こ!これはもしかして!
加速中、もしくは走行中は排気音より吸気音のほうが大きくなるのでは?
カコイイ(●>∀<)ノ
Commented by wakaban0925 at 2009-02-16 23:07
okinawaさん ついに始動しました。 長期間乗らないと、どうしてもキャブは機嫌悪くなりますよね。

エラー表示は、次回走りこんで、ハイカムに合うセッテイング出ましたら、CB900用のインジェクターがなんと8個も遊んでいるんで、GSX1400のカプラーとピッタリ合うのでFIエラーを消す為だけにシートの下にでも線つないで置いておこうとも考えています。

積算距離やオドの表示だけなので、気にしなければいいのですが、エラー表示はやはり気持ち悪いっすから。
Commented by wakaban0925 at 2009-02-16 23:12
コイケッチさん 雑誌のキャブセッティングのセオリーとしては、エンジン始動したらメインジェットを決めることでしたよね! 高速でフル加速して、そこいらの感触がよければ、次はニードルでそしてPJでしたっけ。

気温や湿度や気圧で機嫌変るんでしょう? レーシングキャブでエンジン振動も甘いところを探すなんて邪道ですよね。 でも、頑張ってみます。

また、セッティング出たらダイナモにも乗せたいですわ。 近畿圏でダイナモ持ってるとこご存知? やはり2りんかん?
Commented by wakaban0925 at 2009-02-16 23:18
こーぢぃさん たぶんですけど、加速中の吸気音はデカイと思います。

実際パワーフイルター付けたらやや静かになりましたけど、インジェクションのスロットルボディでは出ない音ですよね。

セッティング落ち着いたら、静かなところに行って、ステレオICレコーダーの音のイイやつで加速通過音とか録音したりしてみますわ。 そそる音取って来まっせ!

これでFCRが良ければ、例の横浜SOUP-UPさんで削り出しマニホールド作ってもらいましょうか?  こーぢぃさんもFCR化どう?
Commented by コイケッチ at 2009-02-17 00:42 x
そうだったと思います。まずアイドリングはPスクリューで。次にMJでアクセル開度2/3〜全開までをきめて、プラグみます。焼具合でNJいじるかプラグ番手変えるかきめて、
調子よかったらあとは、低速〜中速の具合をPJで調節。
Commented by hary at 2009-02-17 02:00 x
やりましたねぇ!
何か簡単にココまで来た様に思えちゃいますね。
番長、仕事早いからw
でもココからセットが出るまでが大変そうですが・・・
決まったら可也のジャジャ馬に成りそうですね。

追従走行したら目が沁みそうですな・・・w


Commented by wakaban0925 at 2009-02-17 07:47
総長 空ぶかしの感触としては、このままでもある程度走れそうな感じです。

走れるようになっても、マニホールドの中の段差やスロットルワイヤーの弛み(寸法が合わない)など、気になる箇所も多くて・・。 しばらく遊べそうですが・・。

また、関東に連れて行きますんで、よろしくお願いします。
Commented by ottotto at 2009-02-17 19:15 x
ついに試乗一歩手前までやって来ましたね~
実現させてしまうところが凄いっす
キャブのセッティングとかの話の内容はチンプンカンプンですけど、キャブ仕様、乗ってみたいと思えるカスタムです
興味津々
Commented by wakaban0925 at 2009-02-18 09:44
ottottoさん 新車のGSX1400をはじめてバイク屋から乗って帰るとき。 これ?電車のモーター?と思えるほどの静かさと、スロットルの開度にあまり関係ない直線的で味気ない加速にビックリしました。

一番ショックだったのが、スロツトルを開いたときのエンジン挙動の遅れで、これは一番に何とかしないといけないと思いました。

タイムラグは、マフラー交換とエアクリーナー除去とインジェクションセッティングで解決し、スロットル開度に対する最加速もずいぶん楽しめるようになりましたが、今回のキャブ化は加減速をもっとダイレクトにそしてコントローラブルに楽しむためです。

野生化ですね。

キャブのセッティングは深いと思いますが、決まれば詳細な報告しますし、もし最高と判断したら本当にキャブ化用削りだしマニホールドの開発もしたいと思います。
Commented by シュワンツ at 2009-02-19 23:32 x
ほえぇぇぇ~~~~~~~~~~~~~~~瀨瀨瀨瀨瀨瀨瀨

キャブっすかぁ~~~~
FIからキャブは、新たなカスタムの始まりかもしれませんね。
しかも エンジン始動しているとは…

ぜひ 生音を聴きに行かなければ。。。
Commented by wakaban0925 at 2009-02-20 09:30
これが2年越しの計画だったんですよ(手をつけていなかっただけですが)

エンジンの性格はきっと激変するでしょう。

でも、カスタムの定番ですし、音だけでも価値ありと思うんです。

試験走行は今週末!
ツーリングデビューは3月の連休の予定です。
by wakaban0925 | 2009-02-16 18:09 | スペシャルパーツ | Comments(13)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer