岸和田祭りを内部から解説


私の実家は岸和田に根付いて6代目となるそうです。 本家の長男(古い表現)です。
母親の腹の中からだんじり祭りの太鼓の音を聞いて生まれてきました。

私が少年団だったころ、まだ岸和田祭りは全国的に有名ではありませんでしたが、詳しい経緯はそろませんが、1970前後TVで放映されて一躍有名になりました。

地元で生まれれば、毎年9月は老若男女皆祭り一色となります。

だんじりは各町によって微妙に違いますが、重量は2トンを超え、引き手としてはパワーのある16歳~29歳前後までを青年団とし、主に推進力として祭りの花形でもあります。
詳しくは岸和田だんじり祭 - Wikipediaを参照ください。

その重いだんじりをかなりのスピードで走らせて、直角の交差点を曲がるのですから、昔からその「やりまわし」と呼ばれるテクニックは、引き手から舵取り(後ろテコ)・前輪の内側にテコを打ち込み方向転換を容易にする(両前テコ)など全員呼吸が一致しないと、大きな慣性で走るだんじりをだれも止めることはできません。

屋根が重く、コマ(車で言う前後輪)の間隔も狭く、重心が高いだんじりは、曲がり角でアンコントローラブルになれば、遠心力で外側に勢いよく転倒し、よくけが人や死者がでます。

祖父や祖母の話によると、祖母が子どもの頃は「けんか祭り」と呼ばれていて、町同士の熾烈な競争意識に、屋根の瓦を投げたり、ドスで人を刺したりと・・・ 威勢の良さを大きく超えて、抗争に近い状態だったと聞いています。

また、藩主も口を出せないほど勢いの良い祭りですから、太平洋戦争終盤でも祭りは止めなかったようです。 また、私は小学生のころ祭りに参加する以前は、警察もあまり事故を取り締まれなかったようです。 町の威厳をかけて走り通す祭りですから、祭りでの死者は昔は暗黙の了解で、隠されました。

9月15日が宵宮ですが、それ以降の死者数統計も多いとも聞いています。

高校1年生で青年団に入団します。
新団と呼ばれ、使いっ走りです。

先輩のお酒の用意、だんじり休憩場所に水や飲み物、何貫かの氷、またおでんや梨やアイスキャンデー。 走り回って届けます。

だんじりを曳いている時間はありません。

曳行が終了すると、夕方から町会館で寿司とビールです。 もちろん自分たちより先輩のものです。 段取りがわるいとドヤサレます。 たまに殴られます。

一息ついていると、空きっ腹に「新団集合!」の声。

「輪になれ~」「梨1個かせ~」「10円玉梨に刺せ~」

「梨回せ~」

10円玉が刺した団員は、ビール大瓶一気のみの刑ですわ。
4本は覚悟せんといけません。

警官に「未成年者やろ! 酒飲んでるな?」
「酒は飲んでいません! 御神酒です。」
「御神酒ならしゃ~ないな」
吐きながら家に帰って、また夜の曳航ですわ。

私は一人っ子で親はやや放任でしたので、通常グレやすいのですが、この祭りの先輩後輩の中で、厳しい愛情を持って育てられました。
[PR]
Commented by ENO at 2007-09-15 21:28 x
うちの地元も今、まさに祭り週間です。昨日まで3日間が音頭会。
今日は子供の山車と夕方から大人の宵宮。先程、宵宮から
戻りまスタ。宵宮は酒飲めるし中神輿だから軽いし楽しいッス。
明日は本番、4町会合同徒行です。大神輿は激重いので
担ぎ手が少ないと上がらないっす。都市部は何処も担ぎ手不足。
今年も”役半纏”なので大変ッス。明日のエネルギー残ってるかな~。
Commented by wakaban0925 at 2007-09-16 09:48
岸和田では祭りは過疎化の唯一の歯止めだと聞いたことがありますわ。 祭りは地域社会にとってとても重要っすね。
Commented by ク〜リ〜@群馬 at 2007-09-17 06:35 x
御祭りって…単なる伝統芸能ではなく、地域に根差した独特なシキタリやコミュニケ〜ション能力…人間形成の大事なトコロを担って居るようですねぇ〜!残念ながら私は子供の頃、御祭りらしい御祭りに参加する機会は有りませんでした…(;_;)
もう十年程前ですが埼玉のマンションに住んでた頃、シキタリで或る年は御祭りの当番と成り実行委員として参加させて頂きました。o(^-^)o
ケッコウ仕事も忙しかったですが、調整して…楽しかったっす!
ああ言う形で近隣が結束していれば、万一の災害などでもスム〜ズに助け合えるだろうなぁ〜、ッて実感しましたねぇ〜!
最近流行らないようですが、社員旅行などの行事も大事っすねぇ〜…(^_^;)
(長々と…m(_ _)m)
Commented by wakaban0925 at 2007-09-17 07:18
岸和田祭りに参加するためには、町内在住が条件ですが、我が町では、夏の溝掃除や消毒剤散布、老人会のお世話や年末徹夜の夜警(火の用~心)など、町の行事への参加が基本的に条件ですね。
でも実際サラリーマンは参加が難しく、地元で自営業でもしていないと祭りも参加が難しいようです。
祭りの前1ヶ月ほどは、ほぼ毎日寄り合いですから。
Commented by しょくにん at 2007-09-18 13:17 x
私は年甲斐もなく現役なんで今年・来年と地車につきっきりの役割です。事前のジョギングの成果で筋肉痛はありませんが、体力はほんまに使い切ります。厳しすぎるような観覧通行規制の中、観覧ギャラリーの皆さんは我々当事者よりもこの祭りが好きで体力があるのではないかと感じますね。
Commented by wakaban0925 at 2007-09-18 13:58
ほんま、現役退いて観客として祭りを見た時はびっくりました。
警官に怒られるし、通常5分で歩ける距離を1時間はかかるし・・。

とんでもないですわ! 見物客の体力に敬服!
Commented by どり~む@関東 at 2007-09-18 18:01 x
生粋の岸和田っ子なんですね・・・
特に田舎を持たず振興住宅街に住んでいる勤め人には 憧れる境遇ですよね~

あの 屋根上で扇子二枚を持って跳ねている方達は やはりヒーローなんでしょうね?
差し詰め 浅草三社祭の花棒担ぎ・・・ってなポジションでしょうか?
Commented by wakaban0925 at 2007-09-18 21:12
みんなアラブっ子と言いますが・・・(^^ゞ
by wakaban0925 | 2007-09-15 16:40 | わかばんの簡単講座・その他 | Comments(8)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer