意外と心身に効くトレーニング

最近転勤してからタイミングが合わないので航海に出ていませんが、大阪でAKOGAREという帆船で、ボランティアスタッフとしてトレイニー(乗船する一般の人)のお世話をしていました。

机を整理していたら、企業への協賛企画で使用したプロモーションビデオが出てきましたので、編集してお届けいたします。

日本の帆船で有名なのは、日本丸や海王丸が有名ですが、これらはプロの船乗りを教育する目的で運用されているトレーニング船で、通常の航海に一般乗船できませんが、水の都大阪にちなんで、1992年に大阪市はセイル・トレーニングシップ。「あこがれ」を建造しました。

タイプは3本マストのトップスルスクーナーで。日本の帆船として初めて世界一周航海(東回りヨーロッパ航路)を達成しました。

日帰りの体験コースから10泊以上の航海型と呼ばれる本格的なコースまで、10歳以上(入門型)なら誰でも参加できるのが特徴です。

セイルトレーニングでもっともスリルがあるのがマスト登り。

帆を開くために、マストに登りロープを外したり、また帆を畳んだあとに、きれいにマストに収納するために、5mから30mの高さに登ります。 30mと言えば、ビルの8階くらいの高さ。
初めて登る人は目がくらみます。

自分も初めて15m登ったときは、足が震えました。


何回か乗船してトレーニングを受けているうちに、ボランティアスタッフとして推薦を受け以降年間数回、「あこがれ」の寄港地(日本全国を回る)まで、バイクを飛ばしボランティアを数日して、また大阪に帰ると言うことを繰り返しました。 九州・四国・新潟・苫小牧行きました。

トレイニーとして乗船しても、ボランティアスタッフとして乗船しても、とても健康に良い。
これは間違いなく言えます。

まず、体の健康としては、規則正しい生活・食事・運動・睡眠。
その他、海上では携帯も通じず・新聞も来ない・TVも見れないから、情報が無い=コミュニケーションを求める=一緒に乗船している人たちと友達になれる!

年間数回、このような環境で自分の健康と精神をリセットする。 これはとても良いことと思います。

「あこがれ」の説明ビデオです。

[PR]
Commented by hary@千葉 at 2007-08-16 17:30 x
いやぁ、多趣味で!恐れ入りました!
また其々の趣味がイイ趣味ですよねぇ。

私は東京湾の屋形船でも船酔いする程に船が全くダメで、北海道や四国ツーリングに憧れますがフェリーがダメで未だに実現してません。

従兄弟に海上保安庁(既に偉くなって桜木町勤務ですが)が居たり、船釣が趣味の伯父貴が居たり、血筋では無いと思うんですが・・・・
電車で座って本読むと3分で酔いますww
Commented by ENO at 2007-08-16 22:29 x
船旅は酷い荒天に遭遇してないのでまあ、まあ好きですが
マスト上りは簡便です~。私、自分の身長以上の高さは駄目です。
脚立の上に立つだけで((((;゜Д゜)))ガクガクブルブルです。
Commented by wakaban0925 at 2007-08-17 10:38
haryさん 船酔いは誰でも3日以上は引きずらないそうです。 逆に下船したら陸酔いします。(じっとしてたら、床が動くやつ)

ENOさん たぶん先祖に高いところから落ちて痛い思いをした人がいるかもですね。

マスト登りの説明で、「人間は先祖からの記憶で5mくらいの高さがもっとも恐怖を感じるようにできています。 しかし、それ以上の高さになると怖くなくなります。 それは、それ以上の高さから落下した人はほぼ死ぬので、DNAが受け継がれないからです。」 と説明しますよ。
Commented by ENO at 2007-08-17 23:36 x
>番長
ははは、それは的確な説明ですね。私も飛行機みたいに30,000ft
とかなると諦めもついて何とも思わなくなるんですけどね。
10m単位では全然諦めつきません。(笑)
うちの嫁は高い所、全く平気ですが、「〇×と煙は高い所が好き」
ってやつですかね・・・。
Commented by wakaban0925 at 2007-08-17 23:56
>ENOさん 人間が猿から進化したとなっていますが、猿は高いところ平気です。 ですから・・・。

高いところコワイ人は、進化してるんっすよ!
Commented by hary@プールで脇腹痛め中 at 2007-08-18 03:35 x
番長>船酔い状態で3日も!絶対無理!半日釣り船で船酔い状態でも、陸に上がってどころか、その日の晩まで天井がウネウネ動きます。
あぁ、思い出しただけで・・・・・・

会長>私は高い所好きですが・・・なにか?w
そうか、猿か・・・進化して無いのか・・・・ブツブツww
by wakaban0925 | 2007-08-16 12:41 | わかばんの簡単講座・その他 | Comments(6)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer