クランクカウンターウエイトの原理

昨年スズキ本社でのGSX1400ミーティングで、開発チームリーダーでもあったH氏が、GSX1400のクランクマス(回転重量)の不足から、トルクの大きいエンジンはどうしてもギクシャクが出てしまい苦労したと発言されていた記憶がある。

排気量の大きなエンジンは、1シリンダーあたりの爆発力が大きくなり、4気筒と言えどGASを供給すると敏感に反応してしまうと言うことです。

公道を走行する場合、加速・減速のみの性能を追求すると、どうしても定速度走行や微妙なスロットルの開け閉めに、穏やかに反応することができず、扱いにくいエンジンとなります。

GSX1400はこのドンツキ現象を、圧縮比を低くする・低いギアで点火時期をずらしてトルクを削る。 そして、クランク回転重量を増やしてスムーズにエンジンが回転するようにしたようですね。

スムーズさとレスポンスの微妙なバランスをエレガントに少し振ったのがGSX1400ですね。

SUZUKIのH氏はエンジンの仕組で、クランクカウンターウエイトの話を蒸気機関車の車輪を例に説明されていました。 氏は蒸気機関車の魅力に取り付かれた1人でもあり、あの重量感や力強さ、音や存在感・・・・ なにかGSX1400油冷機と重なるような気がするのですが。

ところで、週末といえば家族サービスも男の仕事。
関西には、京都駅からすぐのところに梅小路蒸気機関車館があります。

新幹線で移動するときには、必ず目にする機関庫ですが、一度も行ったことがありませんでした。 映像を取ってきましたので、勇ましいD51をご覧ください。
エキサイトの動画ブログを埋め込みできるように設定したようです! 待ってました~!

↓ 梅小路蒸気機関車館


↓ 梅小路蒸気機関車館(YouTube版)
YouTube - D51200

YouTube - D51200_2

↓ ところで、このパロディーは最高っす!
YouTube - crash
[PR]
Commented by ENO at 2006-11-05 23:21 x
蒸気機関かあ~。なるほどY701ユニットの力強さと、どこか人間の
ハートビートにも似たパルシブな感じはイメージが合致しますね。

ENO家では親父と兄貴は鉄道が好きで、私だけは
「レールの上しか走らない鉄道」が嫌いで飛行機等が大好き
でしたが、唯一「機関車(蒸気&電気)」は好きでした。
あのメカニカルな力強さは今でも魅力を感じますです・・・。
Commented by wakaban0925 at 2006-11-06 15:23
ゴリゴリ貨車を牽引する感触が足から伝わって来たとき、電車のスムーズな加速ではなく、水冷ではない、まさに油冷エンジンの加速のゴリゴリに近い感じがしました。
Commented by FUKKO at 2006-11-08 17:27 x
こんばんは。お久し振りです。 X-4NOSのFUKKOです。
実は8/20に箱根の椿ラインでハイサイドを喰らってしまって、X-4NOS号が廃車決定で体もボロボロで最近までバイクを自重していたところでした。  
しかし何度転んでもやはりバイクには乗りたいもので、色々新しいバイクを物色していたのですが、中々良いバイクにめぐり合わず・・・購入までには至りませんでした。
やはりもう一度X-4に乗ろうと決めて今探している最中です。

NOSももう一度積む予定です(笑)
ではこんな僕ですが、これからもよろしくお願いします。
バイク完成したらお披露目に行きたいなぁーと思います。
Commented by wakaban0925 at 2006-11-08 18:05
またバイク乗ろうと思う程度の怪我済んでむしろ良かったですね。
NOS積載車は、ギャンギャン走らないで、余裕で流さないと・・。
by wakaban0925 | 2006-11-04 21:59 | わかばんの簡単講座・その他 | Comments(4)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer