イモピライザー受信アンテナ交換

a0001020_1083526.jpg
今年の4月ころ、イモピライザー受信アンテナのモールでサービス告知が出ていました対策品が届きました。

ほんとうは販売したバイク屋が取り付けをサービスでやるのですが、私のGSX1400ZK5は知り合いの町のバイク屋のおっちゃんに入れてもらいましたし、カウルや補助メーター・ETCやら車用レーダーを付けているので、すべて取り外しての作業になるはず。
a0001020_10115168.jpg
これが対策品のモール部分。
対策前の部品では、この導線の束の部分から水が浸入するとのこと。

「自分で交換して対策前のアンテナはまた持ってくるわ~」
「ほんま~助かるわ~」

このような投稿記事をブログに書いて早半年。
a0001020_23132677.jpg
全国ミーティングの前でもあるし、もうそろそろ未対策品でリコールが出ている部品はスズキに返してあげようと・・・。
a0001020_23154776.jpg
どんどん外してゆくと、自分でも訳わからん配線郡。
a0001020_23164496.jpg
実はキーシリンダーアッシを盗難防止用ボルトを外して、その外した穴にアンテナユニットの配線ターミナルを通さなくてはいけません。

しかし、私の持っていた盗難防止用ボルト対応ヘキサゴンレンチでは、外れませんでした。
(盗難防止策の部分なので、詳しく書くのは控えます)
a0001020_2325476.jpg
対策済みアンテナの配線を途中で切断して、キーシリンダーと共有している穴から配線を出し、ハンダ付けして元に戻しま~す。

こうすることで、盗難防止用ボルトに適合したレンチを買いに行かなくても、いい訳です。(^^ゞ
a0001020_2328970.jpg
ハンダ付けで複数の線を結線するとき、それぞれの線を違う場所(長さ)で結線すると、ハンダ付けした後短絡(ショート)する心配はありません。

また、それぞれ違った位置で結線されるので、一部分が膨らむことも無く、熱収縮パイプで仕上げれば、切断前と同等の信頼が得れます。
a0001020_23311661.jpg
はじめて見ました。

対策前のアンテナ。

リコール部品ですな。 水が入って不良になるのはわかりますわ!
あまり詳しく述べないようにしますが・・・。
a0001020_2332470.jpg
新たしいユニットに交換して、一応キー差し込んでイグニッションONでフューエルポンプ回るの確認して。
OKっす。
[PR]
by wakaban0925 | 2006-10-07 23:34 | 電装類・LED | Comments(0)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer