人気ブログランキング |

ioTの考察と応用

ioT機器(インターネットオブシングス)が増えて参りました。 あらゆる「モノ」のインターネット接続というものです。
今回はバイクネタとは直接関係ありませんが、車はもちろんバイクもいずれネットに常時接続し、乗用車や歩行者等の接近を教えてくれたり、出先の駐輪スペースでの開錠やネットでの決済から、自宅に戻った時のガレージのオープンや同時に照明や空調も稼働するという時代は、必要かどうかは別問題として、ついそこまで来ています。携帯からスマホへそしてウエアブル・ATMからQR決済から世界共通仮想通貨など、利用すると戻れなくなるのが進化というものですよね。
a0001020_07090942.jpeg
ioTと言っても、まだネットにWiFi等で接続し、コントロールできるスマートホーム機器はまだ少なく、動作もON/OFFなど、スマホ画面やスマートスピーカーに、「電気消して」なんて、良いんですけどすぐ飽きそう。

そこで最近話題のioTなのに、どんなスイッチでも自分でオンオフする小型ロボットがあります。 ネット経由でマッチ箱のようなロボットが手を出してスイッチを押します。 そのミスマッチというか、アナログを取り入れることで適合性を∞にして、DIYの要素があるので好きです。
a0001020_07215015.jpg
コーヒーくらい顔洗う前にスイッチ入れたらええやんとも思いますが、こういうものです。 スマホからのコントロールに加え、タイマー設定。専用ハブを購入すると、リモコン学習モードで家電コントロールから専用温度計で条件を設定すると、設定した温度で冷暖房のオンオフも可能です。 なんか夢が広がります。

a0001020_06502265.jpg
まずは手始めに今とても必要なことで実証試験を! 駐車場入り口電動ゲートをioT化することに。
と言ってもこのゲート用リモコンの開ける閉じるボタンをスイッチボットで押させれば良いだけの話です。
a0001020_08271170.jpg
そうすると、スマホでゲートオープン ゲートクローズを押すだけで開閉が可能になりなす! 「スマホじゃなくてリモコン良いのでは?ー」 とお考えのあなた。開閉だけだと意味無いですよね。

しかし以下にioT化スマホのメリットを!

① ゲートリモコンは障害物がない条件で約5mしか電波が届かないので、一度ゲート前で車を止めてリモコンを操作し、ゲートが開くのを待つことになるが、スイッチボットを取り付けたリモコンをゲートへ電波が届く屋内に置いて、スマホとスイッチボット間ブルーツース接続で100m弱。
② 別売HubでWiFi経由にすれば、地球の裏からでもゲートの開閉が可能となります。 出張先からゲートの開閉に意味あるか無いかは別として。
a0001020_06481872.jpg
ところがこのような仕掛けには完璧というものはございません。
ゲート開閉リモコンのプッシュスイッチが結構しっかりしていて、指でポコんと押し込むタイプで、スイッチボットのアームでは貧力で、また取り付ける両面テープも全面が接着できないと、スイッチボット自体が浮き上がりボタンを押すことができません。(このタイプのクレームや低評価が多かった)

わかばんは思い立ったリモコンのioT化をすぐには諦められません。
そこで、いつもの分解です。
a0001020_06504244.jpg
基盤には開く 止める 閉じるの「タクタイルスイッチ」が3つ並んでいます。
このボタンをスイッチボットに直接押させます。
このスイッチが押し込むとポコンと指先に感触が伝わることから、タクタイルつまり触覚スイッチと呼ばれています。

a0001020_06510015.jpg
次にリモコン自体のケースを使いませんので、ボタン電池をホルダーに固定しなくてはなりません。
a0001020_06480161.jpg
強力な両面テープで事は解決です。

a0001020_06474560.jpg
シッカリした板状のものにスイッチボットを両面テープで固定し、基盤も動かないように固定するために、バイクのリチウムバッテリーに付属してきた接着面があるスペーサークッションに、溶接練習用のt6.0の鋼板を磨いて、そこにスイッチボットを張り付けて、基盤のタクタイルスイッチをドンピシャで押せるようにしました!
a0001020_06473932.jpg
これで、雨の日も安心。 帰宅する直前のブルーツースが届く距離からゲートをオープンできるようになりました。 タイマーがスイッチボット自体についているので、スマホから設定しておくと、夜の一定時間にゲートを閉めたり、妻がやってるワールドファミリーの英語クラスの時間前にゲートを開けておくことも可能となります。 

バイクで帰宅時もスマホ操作でOK。 駐車スペースを月極に貸し出す際も、スマホにアプリを設定頂き、初期のペアリングをブルーツースで繋げて設定すると、リモコンを台数分だけ買う必要はなくなりそうです。

めでたしめでたし!


by wakaban0925 | 2019-08-20 06:41 | わかばんの簡単講座・その他 | Comments(0)