アイオーティー「IoT(Internet of Things)」

a0001020_11145333.jpg
(IoT) なんかカワイイ絵文字でんな。 我々がまだ生きていれる間に世の中を劇的に変えていくのが、この(IoT)でんがな。
考えてみてくらはい。 本当の進歩は一度手にすると戻ることができまへんで。

携帯電話やATMなんか顕著な例ですがな。 もしもATMが無かったら、銀行窓口に1万円現金おろすのに並びまっか~。
公衆電話に10円入れまっか~。 もうすでに戻れない生活インフラになりましたがな。

バイクもそうでっせ。 若いころは2ストと言って、2サイクルエンジン乗せてオイルをガソリンに混合させて煙もくもくで走ってましたんや。
あの潤滑油の燃えた煙で、大気汚染どころか乗ってる人や周りの人にもタイヘン悪影響で、国が製造を止めましたんや。
当時は、4サイクルエンジンの倍爆発するから速いとか、3気筒120°クランクは4サイクル6気筒に匹敵するスムーズさとか。
でも2サイクルは振動がすごいし、煙はたばこより悪いのは確実。
宅配ピザや原付おばちゃんがたまに2サイクルエンジンで走ってますが、身体壊しまっせ。

将来。
「あのな~。 おじいちゃんの若いころは、車やバイクは自分で運転できて、エンジンというものが付いてて、ガソリンという爆発するものの力で走ってたんやで~。」

「よう生きとったな~」と電動時代には孫に言われるやろな~~。

ところで、今どきスマホなんて出かけるときにもし家に忘れたらタイヘン。 家に必ず取りに帰りまっせ。 皆。
スマートフォーンやけど、ありゃコンピューター持ち歩いてるんでっせ。 もう戻れまへん。
通話・メール・ニュース・予定表・買い物・ライン・ソーシャル・ゲーム・TV・読書・予約・支払・乗車・写真・動画・ライト・音楽・・・・。
これ皆使われへんようになったら発狂しまっせ、ほんま。

(IoT)に話をもどしまんがな。
(IoT)は今までの進化を遥かに超えるテクノロジーで、「プログラマブルワールド」の概念につながることでっせ。
「プルプルワールド」と違いまっせ。

「プログラマブルワールド」?? 仕事柄クライアントの業務内容にいち早く触れますんで、右脳では、はは~ん! と理解できても、どうも左脳でアウトプットができまへん。

余談やけど、職業で表すと確か「右脳でインプットして、右脳でアウトプットする」のは画家で、「左脳でインプットして、左脳でアウトプットするのが弁護士」、「右脳でインプットして、左脳でアウトプットする」のは内科医、そして「左脳でインプットして、右脳でアウトプットする」のが美容師でんがな。
言葉で「こんなふうにしてちょーだい。」と注文されて、「こらっ! 顔付け替えてから来んかい!」と思うのを我慢して、髪を仕上げるという創作を行うということでんねん。 そう言えば、広告のクリエーターってそんなものかもしれまへん。
おっ! 自分の人生において初めて美容師と広告代理店接点を発見しましたがな。 ま~置いといて。


「プログラマブルワールド」がどんなものか左脳から入れて見ると、右脳で将来を描けますんで、試してみましょう。

NOKIA Networks Japan の公開資料を拝借。

a0001020_15260245.jpg
30年ほど前にインターネットでパソコンがつながりましたでんがな。 人々はホームページやポータルサイトとつながり喜びましたんよ。 でもその内容は「インターネット前夜」の「紙と放送の時代」のクリエーティブを、そのままネットで見えるようにしただけの読みものページから始まったんですわ。 
ほんで、ホームページが乱立し、探したい情報を探さないと一生かかっても見れない膨大なページ数となり、検索という仕組みが出来上がりましたねん。

それから近年スマホがでてきて8年ほどですな~。 人と人とがつながりましたがな。
でもビックリですな~。 8年前は「スマホ」というワードはありまへんでしたねん。

ほて、ここからが近未来の話でっせ。

将来LTEや4Gの次に来る移動体通信規準5Gが、東京オリンピックの2020年にスタートし、そんで(IoT)がモノとモノをつなぐようになるんですね。

その数500億から1000億のモノがクラウドにつながみたいでっせ。 

a0001020_12162544.jpg
つまり、今まさに自分が遊んでいるこんな玩具が無線通信でネットにつながって、クラウドに置いたプログラムがコントロールすると言ってもわかるかな~・・わかんねーだろうな~・・。

ユビキタスとの大きな違いが、「クラウド」と「プログラマブルワールド」やで~。
a0001020_15262177.jpg
このNOKIAさんのユースケースのように、あらゆる物がクラウドにつながり、人工知能AIを含むプログラムが無数のセンサーから得た情報で、無数の物をコントロールできるようになりますねん。 ターミネーターの時代の入口でんな。 そのうちロボットに人権を! とか。 

それを実現させるには、超高速通信インフラがないとあきまへん。
最近話題の自動車の自動運転やけど、あれも今の通信規格の4Gでは、最短でもサーバーとのやり取りに15ms(15/1000秒)かかって、車が前方の障害物を発見しても何らかのアクションに時間がかかり過ぎて避け切れまへん。 
a0001020_15263108.jpg
これが次世代の5Gになるとこのように今の100倍近い通信速度が移動体通信でできるようになりますねん。 レイテンシー(遅延)も15ミリ秒から1ミリ秒以下。 こうなるとセンサー技術とロボット工学で、アメリカの心臓外科医がリモートで日本の病院の手術室の患者のオペが触覚センサーも利用しながら、感覚を転送する「タクタイル通信」を可能となりまんねや。 
すごいな~。 触覚が通信できるとなんかエロいことも・・。 すまへん。m(__)m

5Gの最高スピード領域では、2時間のフルHD映画が3秒でダウンロードできるスピードなんやて。 そやから4Kとか次期8K動画のストリーム配信もOK。 ほなら、TV局の存在価値はどこにあるようになるんやろ。 翻訳こんにゃくも人工知能になって、世界中のジャーナリストがオンデマンドで現地のニュースを配信するようになったら、新聞社という存在はどうなるんやろ。 紙の雑誌は? 

インターネット時代はまだこれでも「夜明け前」なんだそうですが、超高速情報インフラは、国境を取り払い、国民性を超え、精神的な繁栄をもたらし、物質的貧富の2極化を阻止し宗教を超えて「個」が尊重される世の中において、子孫に遺恨を残さないワンワールドを残してくれたら素晴らしいでんな~。

[PR]
Commented by Yazu at 2015-12-09 16:05 x
(IoT)
全ての物の情報を集めて、制御する。
まさにSkyNetの世界に突入です。

山の中で事故に有ったら、電波届かないので恩恵にあずかれないなぁ。
まてよ。
衛星で拾われる可能性、有りだぁ。。。

便利になり過ぎて、性格まで透かされてしまいそうで怖いです。
Commented by wakaban0925 at 2015-12-09 16:22
プライバシーと引き換えに生態位置情報をリアルに渡しておくと、警察の誤認逮捕から守られるばかりか、緊急時に体調の変化からも、自動救急出動オプションも付く、護身センサーインプラントは、手術代金は今月末まで無料。 10年契約で月々たったの1万円です。 海外ローミングと自動車事故護身パックもオススメです。
by wakaban0925 | 2015-12-08 19:56 | わかばんの簡単講座・その他 | Comments(2)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer