GSX1400 2台タイヤ交換の巻

紀伊半島のへそにある湯ノ口温泉と千枚田オートキャンプ場まで爆走し、「わかばんさん、対向車いるんだから~」とキムハル号に叱られながら。俺ってまだやんちゃ?。
また、急なダイエットで低血糖になり黄色に変わった信号で止まるか行くかの判断ができず、交差点のド真ん中で止まり、ギアを変えず3速発進してエンストしたキムハル号を、少し哀れに思ったりと、後期中年が発症する様々な症状やら、若い時に身についた亀有派出所ホンダ症候群とともにバイクを乗り続ける。 ええことでんな~。

a0001020_1856953.jpg
そんな走りをしていると、減るのは体力とタイヤの真ん中と髪の毛。 増えるのは違反点数と白髪と鼻毛。 
今回は、仲良く2台でタイヤ交換となりま~す。

a0001020_18564384.jpg
場所は大阪門真に看板も出さない、会員制のバイク屋。 これ横5センチくらいのが看板ですかね。 まいどメンテナンスではなく、「マイトメンテナンス。」

a0001020_18573132.jpg
山本くんは元RSタイチで長くメカニックや、フロアの責任者もしていて、自分の友人なんかはもの優しいトークにダマされて、15万円以上のヘルメットを買わされたり、自分はウイリーのスイングアームやらホイールの塗装まで。
パーツやら整備に関してもアドバイザーとして有能。You Know?
中古FCRキャブに付いて来たメーカー不明なインシュレーターを山本君に見せたら、すぐにヤマハの物だとすぐ取り寄せてくれたり、FCRの内部ジェットや消耗部品からライディンググッズまで、バイクに関係する事は何でも相談できます。 あまり推奨するとネイティブアドになるのでこの辺で。

a0001020_18582493.jpg
わかばん号は、ま~大抵の事は自分でやって来ましたが、タイヤ交換だけは個人では無理。 GT380時代にメッツラー買ってチューブ入りのタイヤを自分で着けたことありましたが、リムとかボロボロになりましたね~。 そうそう、その時からメッツラーの信望者になりました。

a0001020_18592051.jpg
整備の手つきはわかばんのように、「エイヤー」とかハンマーでガツンとかなくて、静かに優雅に進んでいきます。
音楽で言うならクラシック的。 きれいなテンポで高級ラチェットレンチの音が気持ちいいです。


a0001020_18595839.jpg
タイヤチェンジャーも独立してこの店を数年前にオープンしてすぐ入れたそうですが、すぐその後タイチさんが新しいタイヤチェンジャーを入れるから、今まで使用していたチェンジャーを譲ってくれる話が来たそうですが、タイミングが悪かったと嘆いていました。

a0001020_191251.jpg
このスキーのジャンプ台のような木製手作り風なもの。 さすがです。 タイヤの脱着を経験した方ならこの意味わかると思いますが、タイヤを入れる時たいてい片足をタイヤの下に入れて、アクスルシャフトが通る位置まで足で高さと角度を調整しますが、バイク乗りは手と足の連携が上手いのは普通の人より上と思いますが、シフトアップのような感じで重いタイヤをミリ単位で持ち上げるのは至難の業。 これは転がすだけでそれが済むわけですな。 関心。

a0001020_1914061.jpg
今回はまたもやメッツラーでZ8。 ここ3回ほどM3やM5だったんですが、チョト減りが早くてスポーツツーリング系が良さげです。
取り外したタイヤを見るとMade in Chinaとの刻印が・・・。 山本君は今回通販や店頭で出ているタイヤも含め一番新しいMade in Germany を入れてくれました。 タイヤの製造スペックは変わらんとは思いますが、歩留まりとか中国悪そうやし、規定マージンをはみ出してても偽装は平気そうなんでイヤですね。
と書けば、日本も欧州も大企業による偽装が横行していて、情けない時代になりましたね。
物を作って売るという商売は、大量生産大量消費から一番儲けがでる効率の良いシステムに最適化されましたが、もう薄利多売から脱却して、良いものを長く使う時代に戻した方がいいかもですね。
物を安く作るのではなくて、その物がなぜこの世の中で求められていて、それによって生活者のQOL(クオリティーオフライフ)が向上するのかを考えないとね。 メーカーさん。

QOLの向上する物は良く売れてますよ~。

バイクにしても整備はクオリティーオブバイクライフの向上を考えてくれる、自分のバックグラウンドや癖も理解してくれるメカニックにお願いしたいですね。

マイトメンテナンスでは期間限定で会員を募集中! 会員になりたい方は山本くんに「わかばんのブログを見た」と電話して頂きますと、もれなくアドバイスが付いてきます。
090-8821-8447 出ないときは留守電にメッセージを残してね。


a0001020_20002374.jpg
次はキムハル号の順番です。 なんか最近1400からGSX-S1000に乗り換えたいーとか飲み会で毎回言うから、ほな買いなさいなー。 なんですが、先日忘年会で1400のメンバーから試乗会でGSX-S1000乗って失望したから止めなさいと言われてうなだれていました。
皆さんGSX1400はゼロー100が2秒弱。 油冷の特徴の「ゴリゴリ」とトルクで加速するフィーリングが、言わば今の水冷高回転高出力エンジンとは対照的な、品の無いバイクです。 
品の無いおっさんにはピッタリ。 電気モーターの時代になっても乗ったるねん。
これが私たちのQOBLですね。 
[PR]
Commented by キムハル at 2015-11-23 13:46 x
お疲れさんでしたー!帰り、少し走りましたが、このタイヤ良いですね~。
冬でも走りたくなりました。
by wakaban0925 | 2015-11-23 08:41 | わかばんの簡単講座・その他 | Comments(1)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer