トラブルネタシリーズ(ヒューズが切れて星を数える)

90年代前半の輸出モデルのツアラーGSX1100Fの純正マフラーを、切った張ったでGSX1400に無理矢理つけて、関東の40年ぶりの豪雪を尻目に、淡路島に鯛を食いにいく。


a0001020_1515282.jpg
関東はバイクなんぞ走れる環境に無いので、うらやましいだろーとバイクを転がしたのが、関東のバイク乗りの生き霊を引き寄せたのか。 ランチツーリングの一番深い場所で立ち往生。 というトラブルのお話です。


a0001020_15294067.jpg
毎年2月のシーズン前恒例になりつつある淡路島。 淡路島はご存じのように大阪湾に浮かぶ比較的温暖な島。 玉ねぎや淡路牛それに海に囲まれて豊富な海産物も豊富で、タコも有名ですね。

バイクで淡路島の下道、特に和歌山県対岸に位置する南淡方面の下道は、比較的車の少なくバイクにとっては快適な環境です。

a0001020_1535742.jpg
最後尾で本日同行のGSX14002台とバイク屋を経営するY氏VMAXの4台は快調にランチの目的地、鎧崎を目指していたのですが、わかばん号のエンジンがストール。 登り坂だったので、あっというまに失速。 20mほどバックして車のすれ違いができるように車線が広くなっているところまで移動。

先行の3台はすぐ戻ってきてくれました。

メーターやヘッドライトは点灯するが、燃料ポンプやセルが回らない。

左サードカバー内のヒューズをみて、イグニッションと記載された10Aを抜いてみるとやっぱ切れています。

スペアの15Aが2本ヒューズボックスに刺さっているので、交換してメインキーをONにすると、15Aスペアもプチっと小さな音を立てて切れてしまいます。

イグニッションコイル周りが、DINAコイルに交換したときに、配線保護出来てなくてタンクと接触を疑い、タンクを外してみますが、また2本目のヒューズが切れます。

本日のメインイベント鯛。 鎧崎は12時に予約していて、高価な鯛の宝楽焼きが出来立てでなく冷めるのが心配で、電話して遅れることを伝えます。 こんな時でも食べることを気にします。

ハイビームやクーリンファンのヒューズを使いきっても、原因が特定できず。 ギブアップ!

わかばん号その場に置いてきぼりにして、「私をランチに連れてって!」とメンバーにお願いするも、皆さん100kgを超えるパッセンジャーはお断りとのこと。

バイク屋さんY氏が体重が一番軽そうなので、ふーさん号にタンデムしてもらい。 私わかばんはY氏のVMAXでソロとなりました。

a0001020_15495456.jpg
VMAXは乗るの初めてなんですが、癖がなくコーナーリングもニュートラル。 V型4気筒はトルクもあり、加速も速い。 こりゃ人気でるわな。 と走りながら独り言。

しばらく走ったら慣れてきて、コーナーリングも速度を上げてみるけど、自分のバイクではないのでそこそこ安全運転で。

ランチまであと30分くらいのところで、VMAXがストール。 何でやねん(*´-`)

連続でこんなことあるんかいな!! VMAXはキャブ車で、エンジンの止まりかたがガス欠っぽかった。再度セル回すも、暗く燃料警告灯が点灯。

VMAXのガソリンタンクはシート下だし、キャブには燃料ポンプで給油しているので、リザーブスイッチて無いよねGSX1400みたいに。

キャブ周りを探してもチョークレバーだけ。

今回は先行の3名はよほど呆れたのか、戻っても来ない。

ガス欠だ!! と携帯に電話入れるも走行中なのか出てくてない。

まー今日はこんな日さ!! 仏滅やし。
仏滅と言えば、バイクに乗るとアクシデントがある日。 10代の頃からお決まりでハプニング。

10分以上は経ったころ、電話が入り、Y氏。 「ハンドルスイッチにリザーブついてますよ」(  ̄ー ̄)ノ

a0001020_1550171.jpg
遅れて今日のメインイベントイベント鯛の宝楽焼きにありつきます。

この鯛がいつも最高!! 一人4000円強でサザエ・お造りと小鉢と赤だしつき。 贅沢ですが、その価値ある料理です。

さて、ランチが終わってわかばん号をどうするか?? バイク屋さんは大阪市を越えて門真市。 バイクで帰ってトランポで現場まで再び戻ってきてくれることに。


a0001020_15504226.jpg
わかばん号まで戻ってきました。 淡路SAとかで待つことも可能なんですが、自分のバイクの側でいたほうが安心です。 現場で待つことに。

しかしここは淡路島の南端に近い場所。門真まで片道150Kmはあるでしょうか。 一般道を含む往復300Kmは4時間コースかも。

a0001020_1551510.jpg
午後3時前に発ったY氏から、今から車に乗り換えて向かいますと連絡があってから、すでに一時間くらい、辺りが暗く寂しくなっていきます。

a0001020_15512833.jpg
もうほとんど交通量もありません。 たまに車が通りますが、怪しい人と想われないように、茂みに隠れます。

明るいうちは紀伊水道を往来する貨物船やタンカーを数えて時間を潰して、暗くなったら星を数えてみます。

夜空は晴れで、半月。 その月明かりで周りは見えます。 冬の星座は空気が澄んで美しく輝いて、オリオン座も徐々に天空高く移動してきました。

ひときわ赤い明るい星は、火星ですね。

昔の人もほぼ変わらない夜空を見上げて、何を思ったのでしょうか。

4時間何も選択肢を与えられないと人間色々考えるものです。 自分はトラブルをポジティブにとらえます。 でなければ、二輪車のようなチャレンジが必要な趣味は持てません。

バイクが好きな、それも不人気車が好きな連中は、それぞれ何か同じように匂いを感じます。


a0001020_15515883.jpg
時間は7時を過ぎた頃に、ついにY氏戻ってきました。 何かこれで遭難しなくて済んだという思いで一杯になります。

a0001020_15521250.jpg
さすがバイク整備を仕事にしているので、トランポへの搬入も手際がよい。

a0001020_15522827.jpg
GSX1400のミラーとカウルがは事前に外しておきましたが、正解。 天井ぴったりでした。

a0001020_15524943.jpg
さて、無事にわかばん号はわかばんガレージに戻り、あくる日です。

ショートしている箇所の特定を始めます。

空いているのがイグニッション系のヒューズで、やはりキーをオンにすると切れちゃいます。

a0001020_15531995.jpg
短絡しているなら、切れたヒューズの両端子に12Vのルームライト球を差し込んだら点灯するはず。

ピンポーン!! これでショートしている。

当たり前である。

a0001020_15534135.jpg
何か面白いと喜んでいる場合ではありません。

短絡箇所の配線に触って、配線が動いてショートがなくなったら、電球が消えないにせよ抵抗値が上がって暗くなるなど、何らかの変化を示すはず。

a0001020_15542171.jpg
イクニッションコイルから、ヘッドライト内のカプラを全て抜いても短絡箇所が特定できません。

結局特製電球テスターは諦めて、デジタルテスターの登場です。

結果なんと、メインスイッチを切ってても、ヒューズ片側がアースと短絡しています。

抵抗値は0.2Ω これは完全なショート。 デジタルテスターにはダイオードテストモードがあって、導通か非導通かブザーで知らせてくれます。 ヒューズボックスの端子片側端子とバッテリーマイナスをテストすると、ピーとブザーが鳴ります。

a0001020_155401.jpg
ヒューズボックス自体を外して、問題の端子につながる配線色を確認すると、なんとオレンジに黄色ストライプ。 つまり、ACC電源として別の箇所から、ギャポジションインジケーターやNAVIに電源を供給しているばかりか、以前使って5年ほど配線を放置している、LEDフォグランプ用配線や、バイク用ETCが出回る前に、乗用車用ETCを軽四車検証で付けてた配線がゴチャゴチャに残っている線です。

こりゃショートしても仕方ないですな。

a0001020_15544578.jpg
オレンジ黄色ストライプの配線に繋げていたリード線をニッパーで切断すると、テスターのブザーは消え、新しいヒューズを入れてイグニッションONでノープロブレム!! 問題解決!!

ついでに全てのアクセサリーの電源を引き直し、できるだけ少ない取り回しで無駄なリード線は整理します。

スッキリしてきました。

a0001020_1555466.jpg
バッテリー周りのアクセサリー系配線もスッキリ。

a0001020_1555279.jpg
タンク下の配線も、保護して振動が伝わらないようにタイラップで固定。

a0001020_15554476.jpg
今までの配線の嵐が嘘のように。

結局使っているアクセサリーは、ETCとNAVIと追加したICウインカーリレーだけ。

a0001020_15562585.jpg
マフラーのインプレッション書くの忘れていました。このノーマル二本出しは、もちろん静かです。 FCRのカチカチ音が良く聞こえます。

正直、加速もエンジンフィールも、音もヨシムラに軍配です。 当たり前ですな。

でもワイバンの4 in 2in 2は、3000回転以下のトルクが少しでますので、車の後をついて行く気だるい走りが少し楽しくなります。

高回転のテストをしてませんが、想像ではやはりパワーは細るのでは。

最後にマフラー接合部に念入りに1100℃耐熱ボンドを使い、高回転で排気漏れが出ないようにして、シーズン到来を待ちます。
[PR]
Commented by キムハル at 2014-02-11 22:11 x
いやぁ、走行中に配線ショートでエンジンストールとは、普通ありえない事態ですが、本当に無事でよかったです。これも1つの経験ですね。

当日東京へ帰らなきゃいけなかったのでわかばんさんを置いてけぼりにしてしまい、忸怩たる思いでしたが、結局帰りの飛行機が2時間以上も遅延。因果応報ですわ。
Commented by キノ at 2014-02-12 12:25 x
次回はワタシが参加するから大丈夫(^^ /
Commented by せんむ at 2014-02-13 08:16 x
星を見ながら語り合いたかったな~。雪降って行けなくてホントに残念・・・(大笑)
by wakaban0925 | 2014-02-11 21:57 | 電装類・LED | Comments(3)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer