トラブルネタシリーズ(レギュレーター逝く)

トラブルはネタになります。 トラブルは楽しかった事、美しかった事より何十倍も記憶に残り、将来思い出しても笑えます。 そんな終わり良ければ系トラブルはシリーズにしてお送りしようと思います。

a0001020_2022611.jpg
突然ですが、北海道のバイク仲間を飛行機で訪ねました。 仕事としてです。

北海道は仕事できたらもったいないね。 空港からレンタカーで走っていると、無性にバイクで走りたくなります。

女満別空港から北見市に入ります。 そして、迷います。 畑の真ん中。 電話します・・・「いまどのへんにいますか??」 「畑の真ん中ですがー」「一キロほど先に青とシルバーの工場のようなタンクが見えますがーー」

まー目印の説明難し!!

a0001020_2025584.jpg
ようやく会えて、炭焼き場の見学と北見の炭の説明を受けます。 炭焼師の友人の農家の方ともお会いしました。

a0001020_2035383.jpg
なんで北海道なのかは長くなりますので簡単に書きますが、日本のTPP参加による関税の撤廃に向けた地方の農業や産業の将来について調べています。

安いが遺伝子組み換えや化学肥料や異なる法規制農薬を使用した、輸入品を食べられるようになる事を受け入れる消費者と。 片や高いが生産者の顔が見えて、トレーサビリティーという物流経路もディスクローズされた安心で、農作物であれば自然農法に近い美味しく価値あるものを求める生活者との二極化に向かう近い将来を現場を見て勉強するということですね。^_^

その後有名な焼肉屋でめちゃくちゃ美味い北見の焼肉をビールで『『『ひぇ〜たまらん』』』

a0001020_022393.jpg
これは女満別行きの飛行機の機内ですが、滑走路で離陸体制に入ってエンジン全開のはずが、途中でやめてスポットに戻り、なんやら部品交換中という風景。 「おー怖わっ」 一時間半遅れ無事飛び立ちましたが、整備してね。やめてよね。

羽田空港に帰ってきて、北川圭一竜洋ライディングスクールの前泊の為に、空港に停めてあったわかばん号で浜松に向かいます。

エンジン一発始動のはずが、セルが回らん。 バッテリー弱ってる。 バッテリーはまだ2年経ってないし国産品なのに。

飛行機の事件をバカにしてたのに今度は自分の番。急がば回れでJAFに電話。 程なく到着。

始動用バッテリーをつないでもらって一発始動!!

ここまでは良かった。 JAFの隊員がエンジンが始動したあとのバッテリーの電圧を測定し。
「あれ?? 10Vから上がってきませんね。」

自分はすでにこの言葉で「ガビーン!!」とショックを。

発電機か整流器の故障?

全く電圧出てないので、ほぼレギュレーターが逝った可能性大。

それも10Vまで電圧が落ち込んだバッテリーでは浜松は愚か、埼玉のせんむガレージまでも帰れない。 エンジン回転で発電機を介してバッテリーを充電しながら走るから、継続して走れるけど、充電しないバッテリーは言わば電池。消耗したらどれが最初に影響を受けるのかわかりませんが、エンジンが止まります。

せんむガレージへ戻ってせんむ号のレギュレーターを盗んで浜松へ向かえば、今晩の飲み会には間に合わなくとも、ライディングスクールは参加可能。 とにかくしばらく走れる電力は欲しい。

「新品バッテリー持ってますか?」
「はい!あります。ただ車用です」

a0001020_2051914.jpg
JAF隊員より渡された8000円のバッテリーに、ワニグチクリップを取り付けます。

このクリップ付きケーブルはJAF隊員さんが貸してくれたもの。 いつでもいいので送り返してください。 とのこと。 JAFは頼りになります。

a0001020_205597.jpg
それを、バイクの弱ったバッテリーに接続。

a0001020_2045263.jpg
新品バッテリーはリアシートに積めるように、箱のまま閉じます。

a0001020_2053363.jpg
バイクに積むとこんな感じになります。 ワニグチクリップではスターターモーター回す電流には対応できないので、再びブースターケーブルでスタートしてもらいます。

ヘッドライトはバッテリーをすぐ消耗するので、ヒューズを抜いて、ウインカーは使わずにどこまで走れるか。

つまり、再びエンジンが止まるとまたJAFを呼んでスタートさせることになります。

羽田空港の周回路を廻りながら・・・。
・このまま埼玉まで辿り着けたとしても、せんむ号から部品を盗むのに、フェンダー等分解も必要でたいへん。
・勝手に盗むのはやはりかわいそう。何故か善意の気持ちが湧いてきた。
・埼玉にバイクを停めて部品を注文すると今後の予定が壊滅的に。
・ライディングスクール、ホテル、帰りの飛行機のキャンセル料が発生。
・大阪で車検に出す予定はともかく、この週末に大阪に着かないとし車検が切れる。
・車のバッテリーだから、インジェクターとスパークコイルに電気供給だけだったら、メーターなどの照明はLEDだから消費は微弱。
・うまくいけばこのまま浜松にたどり着けるかも。
・浜松でバッテリーをGSで充電してもらい、次の日は残り大阪まで走りきる。
・ただし途中でエンジンは止めれない
・ヘッドライトと車検用に電球に戻したウインカーは使わないで走れるか。
・ライディングスクールを諦めれば、あとは予定通り進めることができる。

これだけを、ほぼ瞬間的に羽田空港の周回路を廻りながら考えて、NAVIを再び浜松のホテルに走りながらセットして、浜松までのノンストップ走行の挑戦が始まりました。

浜松駅近くのホテルに到着前に、エンジンをかけたまま、搭載の車用バッテリーをGSで下ろし、明日朝取りに来るからと言い残して、スタンドから見えているホテルまで到着。 羽田空港から300Km強。無事ノンストップでたどり着きました。

その夜は仲間と飲み会。スクール参加者達と楽しい時間を過ごします。

ライディングスクールに通うと、GSX1400のメンバーだけでなく、スズキの別のグループと接する機会が生まれます。 なぜか不人気車のほうがグループの結束も息も長いような気がするのは私だけ。 RF900グループと合流。 このグループには、現役スズキ社員も数名いて、飲んでしゃべれるのがより楽しくなります。

向かいに座ったスズキ社員はGSX1400の設計開始頃に入社とお聞きしました。 そしてなんとGSX1400のエンジンカバー周りをデザインしたそうです。 デザインやモックアップ苦労して自慢の作品に仕上がったお話を聞きました。

しかし、わかばん号の写真見せたら、沈黙・・・。 わかばん号のクラッチカバー・シグナルジェネレーターカバー・オルタネーターカバー・ドライブスプロケカバーすべて交換していますから。 申し訳ありませんでした。m(__)m

キノさんがGSX1400のチョークが無いだの、アイドリングが低くなるだの、急にエンジンストップしてバイク売っぱらったとか、クレームをスズキ社員に1時間以上説教。

たぶん次回会っても無視されるでしょう。

a0001020_2063917.jpg
次の朝。 スクール参加のメンバーを見送ったあと、GSまでバッテリーを取りに行き代金は2100円。 充電って高いですね。 でも自前でチャージャー買おうとの計画もあったので、まーそれに比べれば。

ホテルまで持って帰ったバッテリーと、GSで借りたブースターケーブルでエンジン始動。
GSにケーブル返して。 浜松から岸和田までノンストップで帰ってきました。

290Km強。

a0001020_207228.jpg
わかばんガレージで早速サービスマニュアルを見て確認。ジェネレータの抵抗値を調べます。

a0001020_2081098.jpg
充電装置のレギュレートレクチファイヤが今回の原因ですね。 発電機が正常な場合は回路図からこの装置以外に原因が考えられないからです。

a0001020_20938.jpg
実際にエンジンをスタートさせて、5000回転で黄色の各端子3本間の電圧が60V以上で正常なことを確認します。

a0001020_2085839.jpg
実際はバッテリーケースのエンジン側に取り付けられてるレギュレーターユニットを右サイトカバー内に移動しました。
このターミナルを外しても付けても電圧に変化なし、テスターで各端子を調べてダイオードは生きているようですが、恐らくICが飛んだもようです。

サイドカバー内に移動したのは、これから車検に出すために、わかばん号を買った東住吉区のバイク屋さんに持って行き、新品のレギュレーターを取り寄せてもらい交換する必要があったからです。

わかばん号は改造し過ぎていて、触るの怖いとバイク屋さん・・・。 だからサイドカバー開けて差し替えてエンジン回して14V以上出ていればOKですから。 と・・・。

a0001020_0414363.jpg
今回は北川圭一ライディングスクールは、この事件の為に参加できませんでしたが、スクール参加していたら雨に会っていました。 わかばんガレージ周辺は大粒の雨。

a0001020_195817100.jpg
明日車検に出すわかばん号のマフラーを純正に戻したりしながら、眺めては酒を飲み。 これも至福の時ですな~。

このような状況で東京からバイク転がしてきた自分と、耐え抜いたわかばん号に乾杯。
購入から8年と96000キロ。 皆さん。 わかばん号の壊れるところ先に学んで、日頃の整備のご参考に。 GSX1400を末永く快適にお乗りください。
[PR]
Commented by どりーむ at 2013-07-03 05:40 x
結果オーライ・・・でした。 久々のドラマ楽しんで(ごめんね♪)読ませてもらいました^^   早く関東帰っておいで~
Commented by wakaban0925 at 2013-07-03 06:19
今思えばやっぱりせんむ号のレギュレータとこっそり交換して知らんふりしてたほうが・・・
Commented by ぶんた at 2013-07-03 08:33 x
私も日曜日に同行するGSX-R600が充電系トラブルでエンストしました。
同じ様に車のバッテリーを載せて帰る事も考えましたが、レッカーを呼びました。
車のバッテリーだけでも結構走れるんですね!
Commented by wakaban0925 at 2013-07-03 09:01
ぶんたさん 車のバッテリーではヘッドライトつけなければ東京―大阪は走れそうですね。 浜松―岸和田でもまだバッテリー元気でしたから。 レッカー代が8000円以上ならJAFのバッテリー作戦がおススメですね。
Commented by RUDOLF(今枝浩) at 2013-07-03 10:32 x
思わぬトラブルで大変でしたね。
わかばんさんのお誘いで参加してみようと思ったライスクでしたが。お会いできず残念でした。
しかしスクールはとても勉強になり、有意義な時間を過ごせました。
次回お会いできることを楽しみにしてます。
Commented by wakaban0925 at 2013-07-03 10:57
ライスクは一度行けば十分と思っていたのですが、3か月もすると体が忘れてしましますので、継続して同じカリキュラムをこなすことで、徐々に身に付くようです。 是非次回よろしくお願いします。
by wakaban0925 | 2013-07-01 21:00 | 電装類・LED | Comments(6)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer