せんむガレージエビスサーキット走行会2013

今年も「せんむガレージ・エビスサーキット素人走行会」に行ってきました。 と言っても今年は幹事代理。

例年幹事役の「せんむ」が「幹事邪魔くさいから今年は走行会しない!」と言うので、結構細かいこと好きなわかばんが代わって。

確かに幹事は、告知から申し込み受付やリスト作成とサーキットとの交渉や宿の手配や申込み費用管理や、質問への返答、主催の国際A級ラーダー鈴木収氏のアシストをしますが、郵送での受付はさすがサラリーマンの私には厳しいので、メールやSNSでの告知限定としました。 結果PCの前に座ればすべて完結しますから、スムーズに。

幹事をすると心配なのは参加人数と天候。 天候は雨天決行なので、最初から諦めますが、そりゃドライで走るほうが楽しいに決まってます。 参加人数は、熊さん率いるゼファ軍団・せんむ率いる1400とわかばんの会社関係から数名と、最小遂行人数10名ははるかに超え20名近くなって一安心。 お弁当の手配を鈴木氏に頼みます。

a0001020_16463446.jpg
福島二本松は都内から近いようでも230Km強、浜松行くのと変わらないので当日早朝は起きることはできても、体力が心配と、会社を半休して夕方に前泊の二本松岳の湯に投宿。

a0001020_16462872.jpg
岳の湯は毎年来ますが、基本旅館ではなく銭湯です。 旅館としての機能はあるという程度。 一泊3350円で激高温温泉と自分で敷く布団、和式便器に共同洗面台となっております。 コスパは納得。

せんむ達が前泊に計画を変更して、当日昼過ぎに岳の湯に予約電話したのに、満室と断られたそうな。 

そもそも、数人で部屋を予約していたので、宿に着いたときにせんむ達もカウントして前払いしておいたので、深夜になってもOKとのこと。

公衆浴場としての時間が終わり閉店の札が出た後は、静まり返った宿にどう考えてもわかばん一人。 推測ですが、初老の夫婦で回している温泉ですから、多くの部屋を使わせるとメインテナンスに大変。 特にご主人は番台的な役割で入浴料300円を徴収する役割ですから、部屋の用意は恐らく当日の午前中に済ませるのかも。 商売っ気のない街の温泉ですから、仕方ないですね。 かなり前に丁重に部屋を使いたいとお願いしなけりゃ「あのね! 今日急に行くことになったんで、部屋ありますかね~」では、俺も断るかも。

わかばんが予約した部屋に11時過ぎの深夜到着の3名で4人。 事前にわかばんが親切に布団を敷いていたのに、だれも感謝の言葉がない。 これも夕方6時にラストオーダーと商売っ気のない成駒のソースかつ丼に間に合うように230Kmと言えどバイクでノンストップで走り切り。 一人で飲みなれぬ福島地酒を呑んだので眠い。 のに、「もう寝るの~」とうるさいせんむを無視して熟睡。

a0001020_9381373.jpg
SNSでは雨男話で盛り上がっておりましたが、結果晴天!! 気温も涼しく最高のコンディションの朝を迎えます。

a0001020_12294566.jpg
昨夜8時小牧から600Km強を走りぬいて二本松入りしたKOHDAIは、さすが眠そう。

釣られてこっちもあくびですがな。

a0001020_1230257.jpg
さて午前中のフリー走行一回目。 昨年は雨。 ウエットコンディションのサーキットは怖いけど、ネイキッドではバンクが浅いので加速や制動を間違わなければ大丈夫。 今年は完全ドライ。 でも黄砂かな、土煙のようなものが舞い上がるのが気にかかります。

a0001020_12303058.jpg
ホームストレートをこう見ると高低差のあるサーキットです。 GSX1400では2速ホールドでダラダラ走っても楽しいので、チェンジのタイミングやクラッチミートに気を取られないで、極端にはオートマ的な走りも楽しめます。  わかばん号のヨシムラハイカムとストレート+FCRの特性が、8000回転からの10000回転の加速も現実使えるようにしてくれます。 9000以上はオーバーレブですが、インジェクションを止める信号はキャブに関係ないので、注意しないと危険ですね。

a0001020_1231333.jpg
数周走ったら、今まで使えなかったフロントのエッジ付近まで。 しかし、よくタイヤ減ります。 今日は。

a0001020_1231830.jpg
わかばん号は先導レーサーの後です。 わかばん号の走行写真はこれだけ? せんむ。

a0001020_12312886.jpg
a0001020_12322482.jpg
お昼に休憩後記念撮影! 「ムーン」している。 え? 「ムーン」って知らない? アメリカでは群衆にケツをまくって見せるのを「ムーン」って。

a0001020_12334378.jpg
走行会も無事終了し、リアタイヤは削れ。 昨年12月に新品に交換したM5も・・。 やはりZ8の寿命の半分かも。

でも、メッツラー信者の私にとってM5は最高のタイヤです。

a0001020_12335821.jpg
a0001020_1234725.jpg
連続して成駒。 ここのソースかつ丼食べるのが目的の一つ。 これは前日の写真ですが、生姜焼き丼を初トライしたけど、これも美味でした。 日本酒を今日も皆で呑み宿へ。

a0001020_12342894.jpg
宿ではまた飲み、これ以上食えないにのにアイスを胃袋の食物の間に流し込み。(この写真私とあと一人同じ会社です)

(組関係ではありません)

a0001020_12353366.jpg
次の朝帰宅ですが、折角の福島の最高のシーズンを楽しまないとと、日光あたりまで下道で。 そこにうちの社員も同行します。 彼は那智でうまいソーセージ(レバーの)を買うそうで、一緒に途中まで。

ところが走り出して2時間弱、リアに変な振動とリアブレーキの踏みしろが増えて気持ち悪い感触。 30分ほど走るとリアブレーキは全く効かず、リアのアクスルが揺れる感じが。 これは3年前に伊勢湾岸道で体験した症状。

止まってチェックすると、リアのブレーキディスク側のベアリングシールが剥けて、ベアリングボールが落ち始めています。

仕方が無いので、高速への最短ルートに変更し、せんむガレージに約160Kmこの状態で走行。 「ゴリゴリ・フラフラ」と。 時速100Km直線は大丈夫だけど、コーナーリングはぶれて怖い。 130Km以上になるとハンドルがぶれてチョト怖い。

a0001020_12355361.jpg
せんむガレージで分解すると、このようにボールが半分流れていましたね。 ホームセンターや道具屋で新品ベアリングとプーラーを購入。 プーラーは壊れていないベアリングには使えるけど、外枠だけになったベアリングには引っかかるところがないので、結局スパナとハンマーを駆使して叩き出しました。

2005年モデル95000Km走行で2010年にフロントベアリングとリアが同様にOUT。 2013年にリアだけですがOUT。 ベアリングとはそんなに壊れるもので無いと思いますが、やはり寿命時間があるとのこと。

a0001020_12354015.jpg
しかし、他の1400メンバーで2001年式車やジムカーナのような使い方をしているメンバーもベアリング破損の話は聞かない。 海外製ホイールなので製造精度の問題で、ベアリングの縦にかかるラジアル荷重ではなく、横にかかるアキシアル荷重が掛り寿命を短くしているのか。 リアブレーキディスクがウエーブタイプでブレンボカニなので、発熱が大きく、ブレーキディスクから熱伝導の良いアルミホイールを介してベアリングが使用限界温度を超えるのか。

ベアリングの脱着を自分でできるようになったので、一本数百円のベアリングですから、たまに交換ですな。


でも体重という説も・・・(ダイエットせな)
[PR]
Commented by せんむ at 2013-05-28 23:04 x
急遽予定変更で布団で寝られて感謝です!!
一難去ってまた一難・・・?
おかげで体重は増えるわ。全身筋肉痛になるわ。今週は痛くて仕事んならないし。タイヤはバースト寸前だし。で、今日タイヤ交換してきました。
でも。やめらんないね~
Commented by キノ at 2013-05-29 12:14 x
20秒切りましたね!
どこまで速くなるのか?(((o(*゚▽゚*)o)))
Commented by wakaban0925 at 2013-05-29 13:52
せんむご苦労さんでした。 ベアリング交換の手伝いも<m(__)m>

キノさん、来年は体重を10Kg落として加速と減速のメリハリでタイムをさらに(^_^;)
by wakaban0925 | 2013-05-28 19:55 | 走行シーン | Comments(3)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer