GSX1400四国激走ツアー

四国酷道ツーリング行きませんか? に。 ワンワン! と兵庫から1台、そしてなんと神奈川から2台のGSX1400がやってまりました。

a0001020_1549427.jpg
一度は行ったんだけどサー。 GLで海岸沿いだったからサー。 四国カルストと石鎚山って言うじゃない。 じゃー自分の燃費も良い1400でサー。 クイックターン走りを楽しむツーリングだったらサー。 前輪タイヤも交換したジャン。 と言う社長の一台。

イヤ~。 人生長いと言うけど明日生きてるか保障ないからね~。 今回四国は生涯最初で最後と思うんだけど、もし転倒したら心臓の不整脈で死んだと思っていいから~。 あっ!キーが無い! あっ顧客への電話忘れた! それで今回どこへ行くんでしたっけ? という税理士先生一台。

大企業だから暇だと思ったのに忙しいですね~。 あのお客さん自分に合わないので外してください。 新人君の一言で日本の最近の若者を嘆くアル中の疑いが強い兵庫の一台。 社員を怒鳴りつける都合上、顔が割れると都合が悪いのでサングラス提供しました。

そして私わかばん! 髭の白髪が良く目立つ。 最近体毛にも白髪が・・・。 人間ドックの肝臓と肺はEとの評価。 GSX1400のパワーを楽しめるうちに楽しんでおかないと。 しかし、過度の肥満と言われる肉体を預けても、ひょいひょいと加速していくのはGSX1400。 わかばんさん乗ったら原付みたいですねの言葉が一番傷つく51歳。

さて、どんな珍道中が待ちかねているのでしょうか。



ストーリはツーリング前日から始まります。 神奈川からバイクで自走してきて大阪東急イン前泊の一台は、やっぱり歓迎会をと太融寺の秘伝焼き肉屋に連れ出して、うまい肉を! 神奈川のもう一台は仕事の都合で出発が夕方以降。 それではとトランポにバイクを積んで高速で仮眠取りながら朝方わかばんガレージへ。 どちらも往復1100Km以上は多めに走ることに。 ご苦労さまです。

当日朝3時に携帯に電話が入り、もうすぐ着きます。 じゃバイク降ろして4時半頃出発しますか。 とのそのまま出発。

予定通り6時に淡路SAを4台が出発。 すでに台風の影響で湿った南風。 雨雲を一旦通過しないと四国に入れないのでカッパ装着。

a0001020_1549476.jpg
徳島から大歩危経由で高知県へ。 途中休憩時には手がしびれるほどのターンと、やはり注意しなくてはいけないウエット路面。 めまぐるしく変わる摩擦係数を推定しながらスピードとバンクを調整して、ややリーンインでバンクを浅く保ちます。 バイクが立ち上がる前に不用意にスロットルを開けるとリアが怖いので、それこそライディングスクールのお手本通りの運転。 それでも途中の緩い左で普通にバンクさせてリーンインでバイクをやや起こしていたとき、いきなりライン上に雨で流れた砂。 前後輪とも外にズルズルっと滑ってすぐグリップしたからセーフ! リーンインしてなかったら多分スリップアウトの状況間違いなし。 「滑りましたよね~」に兵庫の一台は「そうそう、あれ怖かった!」神奈川の一台は「そんなのあったっけ?」税理士先生は「いやーずっと滑ってましたよ。でもウエットの走りじゃないですね!」とそれぞれ4者4様と申しますか。

正直、ウエットでは自分一人では絶対出さないスピードです。 ほぼドライと変わんないのは先導のラインで走ってたから。 ましてや、対向すれ違いが困難な酷道で!

a0001020_15495550.jpg
一日目のお昼ごはんは、名物大豊町のかつ丼屋ひばり食堂。 速いペースで予定より30分も前に到着。 11時開店とあったので向かいの町役場の駐車場にバイクを停めて。 しかし11時過ぎても準備中の札のまま。 お腹がすくと機嫌が悪くなる神奈川のクレーマー社長が食堂に一人クレームを言いに入って行って出てきて、「なんかサー。 大量の仕出しが入って開店できないっつてサー。 いい加減にしてよ~」 「なんで土曜日なのに役場の駐車場満車なんだよ~」 「暑いからサー、役場に入って待とうじゃん!」とすると、役場の若い担当者が出てきて。「なにか~?」 「いや~向かいのサーひばり食堂が仕出しの大量注文が入ったからって開店しないんだよ~。 受付で休ませて~」 普通役場は関係ない話ですが、どーぞ!と言わせるのは、怖いおじさん達だから? 

a0001020_15495196.jpg
開店に札が変わった瞬間に、役場の駐車場からぞろぞろ人が食堂に。 われ先にとGSX1400チームも。 相席ですが着席。
税理士先生は不眠で眠そう。 腹の減ってる社長はまだ文句を言ってる。

a0001020_1550341.jpg

隣の肉屋さんが経営している食堂で、商売っけなし。 出てきた大盛りかつ丼。 大盛りは、恐らく米は2合ちかくとんかつは普通の4倍。 ちなみに倍盛りは、前日までの予約制なんだそうで、どんなんかな。 神奈川のお二人は夕食のために小盛り(ちなみに並み盛りはない) 豚の脂身もじつにおいしいかつ丼で、人気の秘密はやはりこの肉ですね。 ラーメンセットを最初注文したら、ラーメンやってません。 壁のメニューはあまり関係なし・超繁盛店なのに漫画本や新聞がある。 不思議な店でした。

その後は高速を利用して足摺岬のサニーサイドホテルへ。 気温が上がり太陽も出て不快指数が上がり、カッパがどんどん辛くなって脱いだ後に、ホテル到着5分前にゲリラ豪雨。

a0001020_1550034.jpg
いや~よく走りました。 ご苦労様でした。 露天風呂の後は豪華な食事で腹一杯。 「明日朝食は何時からですか?」「7時からとなっています」「ちょっと早めでも良いですか?」「10分前とかさ!」「はい早めにお越しになって頂ければ」

部屋に戻って7時台にほぼ不眠で挑んだ先生がOUT。 眼鏡を付けたまま気絶されました。  8時台には関西チームの2名OUT。 残された神奈川の不眠症社長は、一人寝れない夜を過ごすことになりました。


a0001020_1550367.jpg
四国酷道ツアー2日目の朝は、足つりではなく、足摺岬で迎えました。
キレイな南国の朝と最高のツーリング日和を予感させる朝焼け。

早めに出発すれば雨に合わないと、昨日朝食を早めにお願いしたのに、早くレストランに向かわないと!

a0001020_15501751.jpg
しかし、出発時間には一雨。 二雨。 台風の影響の雨は突然ゲリラ風ですので、タイミング間違えて荷造りすると激濡れになります。

a0001020_15502183.jpg
足摺サニーサイドホテルは施設は古いけど、料金の割に食事は良し。 

さて今日は四国カルストから石鎚山経由でしまなみ海道までカッパを着て出発です。

a0001020_15502288.jpg
四万十川を登っていた時は路面はウエットだけど、降雨はなかったのですが、四国カルスト手前でゲリラ豪雨に遭遇。 カルストはスキップしてトンネルで通過。

a0001020_15502880.jpg
ここはスキップしたくない石鎚山。 途中までつらい雨。 Tシャツにカッパでは体が痛いほどの雨粒。 途中の切り立った峠道で突然一台が立ち往生。

a0001020_15503195.jpg
何してるねん、早く行かんかい! と思っていたら、とんでもない突風。 突風ではなく暴風。 

a0001020_15503484.jpg
谷の下から吹き上げてバイクが倒れるのを防ぐこともできないほど。

あきらめて、引き返すことに。 通行止め以外で引き返したことがなかった皆さん。

天気さえよければ最高のルートだったんですが、次回にとリベンジを誓って次の目的地のしまなみ海道に向かいます。

a0001020_15504174.jpg
ここは、大三島の林君のみかん山。 高校の同級生です。 美しい島々と海に囲まれて、夏でもクーラーは不要とのこと。 彼の畑でとれたみかんを絞ったジュースを試飲させてもらって、最高!!

ダマされたとおもってみかんジュース試してみて! 【花結び】&小さなみかん農家【海sora】

隣の因島で取ったビジホに向かい、今日はシングル4部屋。 個室でしか寝ることができない神奈川の社長は、今日は機嫌よし。

チェックイン後向かいの中華料理店で宴会。 神奈川の先生はまた7時ころダウン。 中華料理屋で仮眠してもらいました。

a0001020_15505344.jpg
3日目。

大阪まで帰る日です。 神奈川組の自走社長は、大阪か名古屋であと一泊。 先生はわかばんガレージに置いたトランポで神奈川へ帰宅です。

a0001020_15511167.jpg
ホテルに別れを告げてエンジン始動。 若干スターターモーターの回転に違和感を感じたがエンジン問題なし。

すぐ近くのコンビニでエンジンを切って、すぐ再スタートさせようとしたらスターターが回らない。

2人に押してもらい押しがけをしてスタート。 走行中にどんどん電圧が下がり、メーター自体も不動。 ヘッドライトも点かなくなる。 しかし、エンジンは快調。 途中エンジン停止のたびに押しがけをお願いし大阪市内までたどり着き、梅田の南海部品本店でバッテリー交換。

バッテリーを取り外したら、びっくり!! 一つの層から液漏れ。 おそらく酷道ツーリングでひび割れたか、壊れた充電器で過充電しておかしくなったか。 ご迷惑おかけしましたが、発電機は正常なのに充電が全くできなかったので、一層が空になって電圧が10v以下に落ちたと考えられます。

FCRキャブでなかったら、インジェクションでは帰ってこれなかったかも。

終わり良けりゃすべてよし! 
[PR]
Commented by キムハル at 2012-09-18 22:16 x
相変わらずの文才でんなぁ~!なんだか、ここ数年で、結構ランキング上位のツーリングだったように思います。サーサーばっかり言ってる社長さん、メガネかけたまま寝てしまう先生さん、いろんなキャラが立ってたのが最高だったのですかね。
それにしても石鎚スカイライン途中離脱は私の責任です。もう一生来ないと曰わってた先生を呼んで、再チャレンジしましょう!
Commented by はやし@海sora at 2012-09-19 01:06 x
今度は家に泊ってください
もちろん社長には個室準備しますよ(^^
ちなみに冬は牡蠣喰い放題です
Commented by wakaban0925 at 2012-09-19 06:27
カキ食い放題!! バイクツーリング企画するで!(^^)!
Commented by ottotto at 2012-09-19 07:13 x
毎度の企画に感謝
いつも、ただ着いて行くだけのottottoです

四国楽しかったです
雨もさほど苦ではなかったと言うか、むしろ涼しくて良かったです

大阪まで4輪で、そこからバイク
ハイブリッドツーリングと言いましょうか、コレ結構楽です

またの企画楽しみにしてます♪

>キムハルさん
>メガネかけたまま寝てしまう

これは、日々そうなのです
いつからか忘れましたが、いつもメガネはしたまま寝ます
とっさの事態でも、メガネを探さなくて良いから、と言うのは嘘で単に面倒だから

>はやしさん

美味しいジュースありがとうございました
昨日郵送分も自宅に届きました♪

Commented by キノ at 2012-09-19 10:33 x
まさか食ったら(-_-)゜zzz…しかも20時(°д°)
更にイビキ・寝言・巨漢の寝返り・寝っ屁、寝てる時も激走( ̄◇ ̄;)

私だけ4泊5日の旅ツーとなりましたが連休とは思えない走り易さ、ウエットなのにドライ並の速さは流石関西ツートップ!。

帰宅したら、はやしさんのみかんジュースが速攻で届いてゴクリ!!
美味し~ぃ(^o^)/
Commented by wakaban0925 at 2012-09-19 11:28
皆さんこれにコリずに、なた激走しましょう。 もう少し上品に(^_^.)
by wakaban0925 | 2012-09-17 18:00 | ツーリング・ミーティング | Comments(6)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer