関東からの2台

ただこの1台の下船を撮影する為に、寒い中徳島港まで行きました。

a0001020_22505168.jpg
東京フェリーターミナル前日19時半出航の東九オーシャンフェリーで徳島港に午後1時20分入港。

実はこのフェリーは先月わかばん号もこれで帰ってきましたが、18時間の船旅はグルメ族には苦痛!
だって、冷凍の自販機しか無いフェリー。 これには参りました。

そこで、埼玉のせんむ号も関西忘年会に来るというので、フェリーでおいでと誘って、自販機しか無い苦痛を18時間味わっていただこうと計画。 人生苦痛のあとの快楽格別です。

なぜか本能的に察したのか、キノ号は乗船せずに自走で前日神戸入りで、この監獄のようなフェリーから下船してくるせんむ号を皆で笑おうと。

【ストーリは当日朝に戻ります】
a0001020_2248272.jpg
そんなせんむ号を迎えに行ってやろうと、またせっかくバイクで来るんだったら、冬でも比較的温暖な大阪湾に浮かぶ南国気分が味わえる淡路島を一緒に走ろうと計画。

集合時間の朝10時にはコション号とわかばん号は待機。 神戸前泊のキノ号も予定通り淡路SAに合流。

a0001020_22484192.jpg
何かキノ号が見て見て光線を発射しているので、話を聞いてみると。

なんと、ワンオフでクロモリから削りだしたアクスルシャフト。 前後で5万円強! でも硬性が上がってねじれが少なくサスの動きも良くなるとのこと。

確かに、リヤスイングアームの硬性が雑誌での評価で若干弱いとされていますが、スタピライザーや自分のようにウイリーの特注で散財するんだったら、1つの選択肢かもしれません。

a0001020_22485528.jpg
これが大阪湾に浮かぶ島かいな? というほど南国気分でしょ。

これが淡路島の良いところ。 3台のGSX1400は少し乱暴な走りで南淡をめざします。

a0001020_22491178.jpg
いつも強風の鳴門海峡大橋を渡って、徳島に入りました。

今日は空気も透明で空も真っ青。 

a0001020_22492659.jpg
コンビニでトイレ休憩を取りながら、そろそろ減ってきた腹に、もうすぐ鯛の宝楽焼だからな! と。

a0001020_22493728.jpg
フェリー入港20分前には徳島港到着。 せんむ号を乗せたフェリーを待ちます。

a0001020_22495142.jpg
まだ下船できないのに「助けてくれー」と言わんばかりのせんむが見えます。 

a0001020_22502069.jpg
自販機生活18時間の懲役に服したせんむでしたが、なんと東京でたばこ切らして乗船。 船内にはタバコ売ってない。
焼酎持ち込んだのに、日ごろの行いが悪くて振動ですべてリアボックスに漏れ出して、下着もいも焼酎の香りに。

a0001020_22503769.jpg
想像した以上にダメージを受けたせんむは、キノさんにタバコをねだり、されるがまま状態。

a0001020_2251667.jpg
よ~我慢したの~。

これから泣けるほど美味い鯛の宝楽焼きを食いにつれてってやるかなら。

a0001020_22512444.jpg
来た道を引き返し、南淡路、鳴門大橋からほど近い、鎧崎という料理屋さん。

鯛の前に出てきたおつくりで、すみませ~ん。 ごはん先にくれませんか~。 と、まず一膳平らげます。

a0001020_2251388.jpg
がび~ん! でか~い。

こら待て! 順番順番!! おいそれ俺の身やんけ! と喧騒の中ポン酢ともみじで頂きます。 まいうー!

興奮して手がぶれて写真がうまく取れてません。

a0001020_1911267.jpg
身が引きしまってて、この料理屋のイケスで今まで泳いでいたみ鯛!

a0001020_19114446.jpg
コション号とはここで一旦お別れで、夕方から本町で開催予定の忘年会に向かうために、先に高速で!

満腹の腹ごなしに、残る3台は、一般道や峠を明石海峡まで激走。

再び淡路SAに戻ってきたら、やや暗くなってきました。

あかん、遅れる! はよ大阪に出発しよう。

a0001020_22515273.jpg
今年は色々ありました。 多くの命も失われました。 また、独裁者も亡くなりました。

忘年会は、一番身近なclub1401メンバーの長老を病気で亡くした追悼会としました。
本来なら、今日のツーリングも、この忘年会も必ず参加していたであろう長老がもういないんです。
淡路島を走っているとき、3台しかいないのに、バックミラーに4台目のバイクが見えていましたよ。

a0001020_22523711.jpg
次の日、大阪からキノ号と彦根のご自宅へ。

オーナーを亡くした長老号がさみしそうに置かれていました。

いつかは、どんな金持ちでも、どんな権力者でも死からは逃れることはできない。 ただ、いつ・どこで・どのように死ぬかの違いだけ。 こんなにいっぱい家族や仲間から愛された長老は、必ずまたライダーとして復活します。

人は、親や性別を選ぶことができないでこの世に生を受け、睡眠・呼吸・飲食や老いと病気や寿命で縛られる。 どこに自由があるんでしょうか。 だから限られた自由を得るためにライダーはマシンを転がすのかもしれません。
[PR]
Commented by MASA at 2011-12-20 20:42 x
お疲れさまでした
今は寂しいばかりですが
長老号の新オーナーは息子さんとの事
新たな出発に期待します!
Commented by キノ at 2011-12-20 22:20 x
先日はお疲れさまでした。
関西ツーリングで今年は〆となりましたが沢山一緒に遊びましたね。
バイクを降りるその時まで走り続けたいと強く感じました。
長老を抜きます(^^V
Commented by OTB at 2011-12-21 12:54 x
またまた楽しく読ませて頂きました 1400乗りの 皆さんにお会いでき 今年は一緒に走って頂けた事が、なんと言っても最高に嬉しかった出来事でした。

この暮れに亡くなられた長老さんも、wakabanさんせんむさんその他 関東組関西組 皆さんに見送ってもらえたことでしょうね 最後はうるうるしてしたいましたが、また来年も楽しく拝見させて下さいネ

私は1400には乗らないと思いますが、1401ファンんとして、皆さんの隅っこに鎮座させて頂けたらしあ~せ

wakabanさんが良いクリスマスと新年を迎えられる事を願っています OTB
Commented by せんむ at 2011-12-21 15:29 x
急な仕事が入って長老に会えなくて残念でした。。。

単身赴任での生活が長く、関西メンバーは長老にとって唯一の『仲間』だったと思います。
本来であれば、徳島港にお迎えに来てくれるはずの長老が居なくて寂しかったけど、宝楽焼きはマジで美味いっす!!鯛があんな美味いもんとは・・・

今回は、こしょんさんに遠慮して、端っこの方しか食べなかったんで、次回はケンカになると思うんで、1人一匹でお願いします。
Commented by wakaban0925 at 2011-12-21 16:26
MASAさん そうなんです。 悲しいけど嬉しい出来事でした。
すでにヤマハを売りに出したとのこと。
長老号も報われますね。
Commented by wakaban0925 at 2011-12-21 16:28
キノさん 2輪が乗れなくなっても、三輪車があるじゃないですか。(^-^)/
Commented by wakaban0925 at 2011-12-21 16:51
OTBさん 1400に乗り換えましょう!
また来年も宜しくです(^-^)
Commented by wakaban0925 at 2011-12-21 16:53
せんむ! やっぱり食べもんかいな!!
by wakaban0925 | 2011-12-20 20:00 | グルメ&ツーリング | Comments(8)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer