ヨシムラストレートサイクロン再生

ヨシムラストレートサイクロンはGSX1400と相性はよいマフラーです。 ヨシムラ50th記念車に採用された、つまりGSX1400のエンジンに合わせて設計されていることからも言えます。

低回転からのトルクや高回転の伸び。 特にヨシムラST1カム交換後もさらに本来の1400CCの直4エンジンを楽しむことができます。

そんなマフラーでも長期間の使用で、塗装の剥離や特にエキパイ部の荒れがひどくなってきます。

a0001020_221864.jpg
そこで、ちょこちょこ、耐熱塗装を上塗りしたりして維持してきたのですが、一旦塗料を剥離してきれいに塗装し直してみることにしました。

同じような耐熱ブラックマット塗装のようでも、エキパイとテールパイプと、サイレンサー部分では塗料の種類が違うようです。 サイレンサー部分はペイント剥離剤で一発きれいに。 エキパイとテールパイプ部は全く反応しません。

剥離剤に反応しないエキパイとテールパイプ部分は、荒いサンドペーパーで塗料を剥がします。 まるで、黒のチョークが存在したらこんな感じに削れるんだろうなー。 粉が舞い上がって鼻の穴が真っ黒に。

a0001020_2213388.jpg
がんばって剥がしました。 なんと強力な耐熱塗料なんでしょう。

a0001020_2215198.jpg
サイレンサー部分はよく見ると地金が光ってきれいです。 ヨシムラエンブレムがマスキングしたけど、剥離剤ですこしはげました。 これはショック!

a0001020_222315.jpg
耐熱ブラックに塗り直すつもりだったんですが、気分的に耐熱シルバーを買ってしまいました。
なぜ? わかばん号のポリシーと言いますか、自分の生き方とも言います「人と違うこと」へのこだわりでしょうか。

理想はクロームメッキですが、今年は予算がつきませんので、気分だけでも耐熱シルバー。

サイレンサーに関しては、耐熱シルバーでは安っぽいので、地金の状態に耐油クリアーか2液性のクリアーで地金の鈍い光沢の状態がイイかも。

マフラーの装いも新たに、春を待つわかばん号がカワイイです。 (どこがやねん!)
[PR]
Commented by ケンゴ at 2011-01-27 22:28 x
ええやん・・・!
地金の輝きを見た時、こう思いました。
シルバーのエキパイ、渋いかも。

装着写真、期待してまっせ~!
Commented by ぶんた at 2011-01-28 08:55 x
塗装の剥離、大変そうですね~。
コンプレッサー導入すればエアツールが使えるのでは!?
Commented by wakaban0925 at 2011-01-28 09:21
ケンゴさん 渋く光るマフラー付けたらアップしま~す。 どうなるかな!
Commented by wakaban0925 at 2011-01-28 09:22
ぶんたさん そうそう! エアーツールをそろそろ揃える必要ありますな。 
Commented by ジュンペイ at 2011-01-29 21:07 x
メッキの集合管もセンスあって良いと思います。若い頃、メッキのモリワキ管を付けていました。
金属物をメッキに出すときは、素地をツルツルにしないと出来上がりがひどくなるから、それまで錆びさせない様にしてくださいね。
Commented by むー at 2011-01-31 13:00 x
わかばんさま 一月も今日で終わってしまいますが、遅ればせながら
 あけましておめでとうございます!
 ハヤブサスロットルの移植は寒さと暇なしで現在休眠中です。
とりあえず、ハヤブサのインジェクタではコントロールがしにくいため、インジェクタだけ、1400に戻して組み付け待ちです。
 ひとつ、質問よろしいでしょうか?
 武川から結構安くサーモユニットが発売されたので、取り付けを検討していますが、もしご存じでしたら、純正のオイルクーラーホースの内径をおしえていただけないでしょうか? 
 いつも、質問ばかりですいません。
Commented by wakaban0925 at 2011-01-31 16:19
ジュンぺイさん メッキはほんとやってみたいんですが、エキパイは焼ける!とか。 エキパイはまーシルバーの耐熱でしばらく行ってみます。
サイレンサー部分は、塗装剥離後の地金がなんか魅力的だったので、地金を出してウレタンクリアーを軽く吹いてみようかと週末を待っています。
Commented by wakaban0925 at 2011-01-31 16:19
むーさん オイルクーラーも純正ホースも今使用していませんので、以前サーモスタット付けたときの失敗作が倉庫にあれば内径測定しますが、新品を切断できないので、出てこなかったらごめんなさい。
そもそもサーモの役割はオーバークール防止ですが、自分のケースではオイルクーラーよりも、エンジン自体からの放熱が油温を決定する要素だったので、サーモはまったく意味ありませんでした。
http://wakaban.exblog.jp/3544714
Commented by むー at 2011-02-01 01:38 x
いつも、急な書き込みにも関わらず、アドバイスありがとうございます。
たしかに、真冬はオイルクーラーをダンパネで完全に覆っても油温がさほど上昇しないことから、エンジン側の放熱が大きいのは感じていました。
まだ、冬の間に乗れるかわからないので、もう少し検討してみますね。
by wakaban0925 | 2011-01-26 22:02 | マフラー・オイル | Comments(9)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer