スズキ竜洋コースライディングスクール&アンダーブラケット

昨年に続き、北川圭一ライディングスクールが竜洋テストコースで開催されます。

昨年はこのスクールで得た物も大きく。 実際朝から夕方までミッチリバイクの練習をするなど無かったので、目からウロコ状態。 さすが基本は学ばないといけません。

北川氏いわく。 教習所で教わったライテクは義務教育。 ライディングスクールは専門学校。
さて、前泊で1400の皆さんと宴会もセットで挑みます。

a0001020_7335518.jpg
当日朝8時。 醍醐荘のおいしい朝食で腹ごしらえして、出発です。 ここから約2Kmでスズキ竜洋テストコースです。

a0001020_734810.jpg
コース内で集合して、ゼッケンを与えられレクチャーを受け午前中のカリキュラムがスタートします。

昨年同様8の字を3台づつに別れてミッチリやります。 まず大きくユックリ円を描くように回って、フロントブレーキを使わずにエンジン回転を落とさずにリアブレーキだけでコーンを旋回して、8の字の直線部分で加速してまたリアブレーキで旋回。 これわかりやすいです。

次に少し加速にメリハリを付けるために、スロットルを意識して開けて、そしてフロントブレーキも併用してクリッピングポイントをコーンに意識して小さく旋回します。

しかし、これ難しいっす。 まだまだ練習しないとだめです。 どうしてもクラッチ切っちゃって。

それから、パイロンスラローム。 20個のコーンを左右にリズミカルに! これも難しい!

それが終わると、ジムカーナ-的なコースでスタートから加速して、Uターンや鋭角なコースを何周もします。 この時も、8の字の基本と同じテクニックを使用。 まだ涼しい季節なのに、なせビッショリ! エンジンも油温110度超え。

a0001020_7343318.jpg
お弁当食べて午後からは、アウトリガーでバンクの体験。 あなた! 倒れてないよ!

a0001020_7344516.jpg
キノさんはペタッと倒して余裕です。

ココまで倒してもバイクは安全に回るんだということを体験するのです。 ドイツのバイク教習で実際使われているようです。 またバイクの道路での法規上の走行を始動する日本に比べて、ドイツではコーナーをアウト・イン・アウトでラインを取り安全に走行する教習も行われるようで、流石です。

a0001020_7345827.jpg
午後のカリキュラムでは、アウトリガー以外に、加速アンド急制動もあり、これがまた勉強になります。 自分のバイクがどれだけの力でリアをロックさせないで安全に短く止まれるか。 それにも上体の加速・減速時の重心位置とか、非常に勉強できます。

その後、テストコースのシケインでデモ走行。 北川氏とインストラクター2台による、イイ見本と悪い見本。

a0001020_7352016.jpg
カッコイイー!

ライン取りの大切さをデモで実感できます。

a0001020_7353456.jpg
現役時代を彷彿させるライディングスタイル。 われらおじさんライダーの希望!

a0001020_7354953.jpg
R1000乗りやすいんでしょうね。

午前中水冷バンディッドで北川圭一氏のリアシートに乗って、ジムカーナコースを走行体験ありましたが、なんとゼッケン1番の私が最初。

北川氏が、フルブレーキで私の全体重が彼に乗ったようで、「オット!」って感じになりました。 北川氏も怖い思いしたのでは。

全生徒を1人づつリアシートに乗せてコース走行は大変だったと思います。

a0001020_7393050.jpg
その後竜洋コースの半分を利用して、コース走行!

わかばん号も気持ちよく走行。 ラストラップはメーター読みで240手前まで加速します。 FCRに替えてからこの速度域は初めてですね。 まだまだ余裕で加速します。 公道では厳しい速度ですから貴重な体験っす。

しかし、4ラップして停めてサイドスタンドかけたら、左側から緑色のモチュールがドバッとコース上に。

わかばん号のシースルークラッチカバーから出していたブリーザーパイプに、高速走行でオイルが遠心力で飛んで、サイドスタンドをかけたときにホースの中のオイルが流れ出たようす。

ルールでオイル漏れの可能性があるので危険ですから、最後のコース一周のんびり走行は出場禁止!

寂しーく。 待機しました。 200Kmまではオイルでないので、後日ホースにキャッチタンクを取り付けます。


a0001020_7403349.jpg
さてさて。 話は変わりまして横浜のSOUP-UPさんに発注していたGSX1400用ビレット・アンダーブラケットです。

開発には数年? このワンオフの話を相談に行ってから長い期間がかかりましたが、ついに完成。

先日RSタイチさんで、ベアリングの圧入をお願いしていつでも交換できる状態にしました。

a0001020_7405150.jpg
今日はその交換日。

センタースタンドの無いわかばん号をリアにメンテナンススタンド。 フロントを工事現場の足場を改造したリフトで持ち上げます。

デュアルヘッドライトの下の黒(吉村50thとK5特別仕様のみ)のブラケットを交換です。 すでに、このブラケットとフレームとフロントフォークのアウターチューブ以外は、ノーマルではないので、ますます正体不明のバイクになってきました。

a0001020_74169.jpg
特殊工具を買っていたので、あまり苦労なしにブラケットを取り外せました。

a0001020_7412297.jpg
こうして見ると、かなり強化されたブラケットですね。 3本ねじも特別にお願いしてデザインしました。

a0001020_7413757.jpg
サービスマニュアルに沿ってステムボルトのトルク管理して、TOPブリッジヨークナットを取り付けます。

1本サスが入りました。 フロントにはイギリス製強化スプリングが入り、1センチほど車高が上がっているので、サスの突出しを5mm位にして、ノーマルに近くします。

a0001020_7415927.jpg
このボルトがたまりません。

a0001020_7421565.jpg
SOUP-UPのTOPブリッジも、ワンオフでわかばんがオーダーしたのもです。 市場にかなり出回ったようで、GSX1400のカスタムパーツが少ないのですが、1つの選択肢が増えることは良いですよね。

a0001020_7422857.jpg
デザイン的に部分メッキにしたタンクとの馴染みもよし。

a0001020_7424387.jpg
メーターバイザーなので、アンダーブラケットが100%目立ちますね。

やはり、削りだしパーツは美しいです。 そんな美しいパーツをつけて、美しいライディングを心がけたいものです。

SOUP-UP TOPブリッジ ハンドル付59000円 (バランスウエイト付・アルマイト着色込)
SOUP-UP アンダーブラケット 75000円 (削りだしTOPヨークナット付・アルマイト着色込)

リッターバイクのTOP&アンダーセットは20万円近くしてるので、お買い得かも。
わかばんBlog見たと伝えるとさらに割引有り!(納期1週間)
[PR]
Commented by ジュンペイ at 2010-06-02 18:59 x
お疲れさまです。
ライディングスクール楽しかったです。
まだ2回目ですが参加前よりはライディングに余裕が出た気がします。  が、悩みは次から次へと湧いてきます。もっと上手くなりたい。  9月も参加します。
またもやワカバン号進化してますね。カッコいいです。
Commented by tk at 2010-06-02 21:17 x
とうとうアンダーブラケット入りましたね、カッコいいです!もう少し前傾進むと更にイカツくなりそうですね。
僕はZRXもどきのカウルを装着しました(角眼仕様です)ので、ステムはちょっと見え辛くなりました。フロントのルックスはガンダムちっくになりました。
Commented by キノ at 2010-06-02 22:23 x
垂れ流しはマズイよ(^^; 
ニューブラケットで今年はもう1度参加しますか。
Commented by 浪速のケン坊です。 at 2010-06-02 23:08 x
ライディングスクールお疲れさまでした。
私も一度バンク練習機取り付けて走ってみたいです。
アンダーブラケットバリシブですね!(^^)!
私はオーリンズフォークパイ数用のアンダーとトップブリッジが欲しいです。(#^.^#)
Commented by wakaban0925 at 2010-06-03 11:09
ジュンペイさんの8の字は見てて安心できるものです。 とても安定しています。 自分も次回できるだけ参加できるようにしますね。
Commented by wakaban0925 at 2010-06-03 11:11
tkさん 角目ですか! それもイカツイですね。 ガンダム好きのGSX1400のデザイナーがテールカウルを設計したと聞いたことがありますので、マッチングいいでしょうね。
Commented by wakaban0925 at 2010-06-03 11:13
浪速のケン坊さん オーリンズ用にはB作さんがすでにやっているように43mmを46mmにするブッシュを入れれるので、そのままで使えますよ!
Commented by wakaban0925 at 2010-06-03 11:30
キノさん ほんとに最後のテストコースRUNは最高速を試せる唯一の走行会ですね。 サーキットでもほぼ無理ですから。 また参加します!
Commented by ジュンペイ at 2010-06-03 20:53 x
お褒めの言葉ありがとうございます。
自分のライディンングは客観的に見る事はできないのでとても心配です。
かっちょわるいのでは???と。。もっとがんばろ~。
Commented by ババさん at 2010-06-04 20:47 x
素敵なスクールへの参加のきっかけを与えて下さりありがとうございます。
少々凹み気味になりましたが、『できないから(スクールに)参加するんだもん!!』と気を取り直しました。
(車体が凹んだ訳ではないですし・・?)

バンクセンサーに接木(エクテンション)をして明日、”朝練”に出かけます。(駐車場ですけどね。)

次回も是非参加させて頂きたいと思います。

”いつかは、あのグループの中で走るぞ・・・”と・・憧れを胸に・・。

Commented by wakaban0925 at 2010-06-05 15:14
ジュンペイさん 自信持てるようにやっぱ何度も練習しないといけないですね。 ほんと、毎回違った課題がでてきますよね。
Commented by wakaban0925 at 2010-06-05 15:18
ババさん GSX1400はある意味SSに比べるとハンディキャップあるバイクと思いますから、乗りこなせれば他のバイクも楽しくなるかもしれません。 最近サーキット走行が関東では盛り上がっていますが、やはり上達してくると限界を超えやすいのか、転倒が続出。

ほどほどにしないと修理代高くつきますね。
Commented by ダイ at 2010-06-25 01:22 x
はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。
わかばんさんに感化されTMR化に踏み切り、本日初エンジン始動となりました。ここまでこれたのもわかばんさんのブログのおかげです。ありがとうございました。
これからも影ながら応援させて頂きます。
Commented by wakaban0925 at 2010-06-25 11:10
ダイさん おめでとうございます! キャブの甘く過激なエンジンフィールを楽しむと、もう後に戻れないと思います。 ただ燃費が・・。

マニホールドはどしたんですかね? 
Commented by ダイ at 2010-06-25 19:24 x
やはり燃費はよくないようですね。

キャブ自体をピッチ変更してSTDマニホールド使用しています。
by wakaban0925 | 2010-06-01 23:31 | わかばんの簡単講座・その他 | Comments(15)

wakaban's GSX1400 blog

GSX1400 Explorer