GSX1400 Explorer


by わかばん

スズキ歴史館に集まろう!2017

a0001020_06543529.jpg
久々にバイクに火を入れます。 浜松スズキ本社GSX1400が誕生した場所でのミーティングを企画。 最終型生産終了から10年近くなるので、新車で購入したわかばん号も12年目を迎え、しかしますます元気な1400を早朝から転がします。

a0001020_06542930.jpg
湾岸ー阪和から西名阪ー名阪国道に進めますが、午前8時前後でも名阪国道はマイナス2度かな。峠から街中に下っても電光掲示が0度。指先が痛くスピードが乗りません。

a0001020_06542280.jpg
耐えに耐えること4時間ほど、ついに到着! すでに多くのGSX1400 が待っててくれました。

a0001020_06541584.jpg
名古屋から仕事終わりで駆けつけてくれたユニコーン。 美しいです。

a0001020_06541096.jpg
目的は仲間の顔合わせ。 中古車も多く出回るようになり、新しいオーナーさんも増えましたね。 また集まりを企画しようと思いますので、よろしくお願いいます。

a0001020_06540478.jpg
その後日帰りでは厳しいので、翌日スズキテストコースで開催される、元世界耐久チャンプ北川圭一氏のライディングスクールの前夜祭に参加。

a0001020_06535582.jpg
ライディングスクールの大切さを語る氏。 変わらぬバイクに対する愛情と情熱、そして危険に対するマージンを生み出すトレーニング。 語り尽くせないリスクや怪我から生み出される経験は、オーラと共に伝わってきます。
スズキの関係者も多く、テストライダーから驚愕のABSテストの様子を聴き、レーシングライダーより危険な職業と思い知りました。
最近のバイクはトルクやスライドに加えウイリーコントロールまで付いているそうで、ウイリーでフリップオーバーしないテストなんで想像しただけでぞっとします。 ABSテストではフロントをジャックナイフできないとテストにならないそうで。 まだ未完成なABSのテストなんてこりゃ怖すぎでんな。
皆さんケガだけはしないように。

a0001020_06512746.jpg
飲み会もほどほどにし、磐田駅のビジホで宿泊。 翌日早朝から今まで利用したことのない伊勢湾フェリーで小一時間。 鳥羽経由で岸和田へ帰宅。
フェリーを使っても帰りも約4時間強。 高速を浜松西から東名阪を利用した場合2輪は休日ETCで2460円かな。 フェリーは4120円だったと思うので割高でんな。 でも1時間船内で暖かのんびりもよろしいです。



a0001020_06511303.jpg
さてここは大阪府で一番高い山金剛山山頂へ向かう山道です。 浜松からバイクで岸和田へ帰宅し、すぐ車で金剛山ロープウェイ駅下の駐車場へ停め、ロープウェイは使わずに山頂へ。 実は12月から毎週トレッキングをしています。 齢と共に膵臓の機能が弱りインシュリンが不足し、さらに内臓脂肪でインシュリン抵抗性が増す、糖尿病の入り口にいることが発覚。 糖質の多かった食事や間食を絶ち、繊維質の多い食材やたんぱく質に切り替え、糖質からエネルギーを得るのを控え、血糖値が下がり筋肉を溶かさないように筋肉特に大腿筋を鍛えます。 すでに実質体重は5キロ減。 すでにFeel Strong! 駅の階段も駆け上がりたくなります。
バイクのライディングも楽になりました。

ただ副作用が・・・。 血圧が下がったようで、指先がバイク乗ると冷たい。 コートが必要となり購入。 冬なんで当たり前か・・・。 


[PR]
Commented by テー at 2017-03-08 08:44 x
お疲れ様でした
同じバイクに乗ってるものとして、ぜひ参加はしたいのですが、いかんせん遠すぎます

一度みなさんとお目にかかりたいものです
by wakaban0925 | 2017-03-05 20:00 | ツーリング・ミーティング | Comments(1)